ドイツ観光/名所

ドイツの美しい図書館と大聖堂のヴィブリンゲン修道院!行き方も解説

更新日:

ヴィブリンゲン修道院の図書館

『南ドイツで一番美しい』と言われている、ヴィブリンゲン修道院。

Kloster Wiblingen

英語では、Wiblingen Monastery

ドイツ・ウルムの中心部からほんの5キロ程離れた場所に、まるで芸術作品のような美しい図書館と大聖堂があります。

ヴィブリンゲン修道院は、観光スポットとしてあまり取り上げられてないので、穴場的な存在です。

この記事では、修道院の美しい図書館と聖マルティン大聖堂について、また、その場所への行き方も含めてお伝えしていきます。

🕙この記事は約3分で読めます。

スポンサーリンク

美しい図書館と大聖堂のあるヴィブリンゲン修道院

ヨーロッパには、有名な美しい図書館がいくつか存在していますが、ドイツにあるこのヴィブリンゲン修道院も、他の図書館と引けをとらない美しさがあります。

こちらでの見所といえば、ロココ様式で建てられた美しい図書館だけでなく、修道院の中心部分にある後期バロック様式で建築された、聖マルティン大聖堂にも注目です!

建物は1093年に建築された旧ベネディクト派の修道院で、1714年になるとバロック様式で拡張・改築され、1744年に図書館ホールが完成しました。

美しいロココ様式の図書館ホール【Bibliothekssaal】

ヴィブリンゲン図書館ホール

図書館ホールのある場所は、修道院の北側の3階に位置しており、規模的には大きくないですが、その美しさには圧巻です!

時間の許す限りずっと眺めていたくなる場所ですね。

この図書館は、建築家の「クリスティアン・ヴィーダーマン」(Christian Wiedemann) によって手掛けられ、知恵と科学の宝物 を保存するための場所というビジョンが表されています。

ヴィブリンゲン図書館の彫像

柱は大理石のように見えますが、木材にペイントしてできているとのことです。

実際に、柱を軽く叩いてみましたが、確かに木の軽い音がしました。床は本物の大理石を使用しています。

図書館の柱にある金の装飾

彫像や柱には、金色の装飾が多く施されてあるのが特徴的です!

ヴィブリンゲン図書館の1階と2階

図書館は2階建になっており、どちらの階の棚にも書物がたくさん保管されているのが見受けられます。

図書館の書物

書物のある棚は全て金網で覆われていて、取り出すことはできません。

ここには、15,000冊以上の本が保存されていると言われています。

図書館天井のフレスコ画

天井に描かれた、壮大なフレスコ画も必見!

フレスコ画の女性と天使

フレスコ画の中には、天使たちに囲まれた女性像が見られます。

これはすべてを支配する神の知恵』という意味があるそうです。

フレスコ画を描いた画家のサインこのフレスコ画は、フランツ・マルティン・クエン (Franz Martin Kuen) によって描かれ、1744年にロココ様式で建てられた図書館と共に完成しました。

聖マルティン大聖堂【Basilika St. Martin】

聖マルティン大聖堂

次にお伝えするのは、ヴィブリンゲン修道院の中央部分に位置する聖マルティン大聖堂。

白い壁に金の装飾がたくさん施されているのが特徴的で、とても明るく神聖な教会。

聖マルティン大聖堂天井のフレスコ画

こちらの大聖堂の天井には、4つの大きなフレスコ画が描かれてあり、南ドイツで一番美しいフレスコ画の一つであろうとも言われています。

聖マルティン大聖堂内陣

大聖堂の内陣には他の教会にもあるように、パイプオルガンが設置されています。

聖母マリアとイエスキリストの像

この教会は、1992年にヨハネ・パウロ2世によって「Basilika Minor」を授与されました。

スポンサーリンク

図書館と大聖堂の入り口の場所

ヴィブリンゲン修道院の入り口

修道院をはじめて訪問した際に、どこの扉から入っていけばいいのか分からないと思いますので、参考にしてください。

図書館と美術館の入り口は建物の左側。そして、大聖堂は中央右側の扉から入ります。

修道院ミュージアムの入り口

建物の扉付近まで行くと、ミュージアムの案内板が立っているので分かるでしょう。

美術館の受付

ミュージアムと図書館は、建物の3階 (ドイツでいう2階) にあり、この受付で入場券を購入します。

  • 入場料:€5ユーロ

無料でオーディオガイドを借りることができ、図書館ホールについての説明が聞けます。(英語で対応)

念のために写真撮影について受付で聞きましたが、追加料金などはなく自由に撮ってよいとのことでした。

ただし、三脚やスマホの自撮り用スタンド (棒) の使用は、禁止されています。

図書館と大聖堂の詳細

🔵 図書館【Bibliothekssaal】

営業時間
3月1日〜10月末 (火〜日・祝日) 9:00 ~ 18:00
11月1日〜2月末 (土・日・祝日) 9:00 ~ 17:00

※詳しい営業時間は、こちらから。

🔵 大聖堂【Basilika St. Martin】

営業時間
3月1日〜10月末 (毎日) 9:00 ~ 18:00
11月1日〜2月末 (毎日) 9:00 ~ 17:00

※大聖堂の入場・見学は無料です。

ヴィブリンゲン修道院への行き方

ヴィブリンゲン修道院へ行くバス

公共交通機関でヴィブリンゲン修道院へ行くのには、まず鉄道でウルム中央駅 (Ulm Hbf) へ向かいます。

🔵 鉄道でウルムまでの所要時間

  • フランクフルトから:約2時間半
  • ミュンヘンから:約1時間20分

ウルム中央駅から少し歩いて市内中心部へ向かい、そこからバスで移動します。

  • 乗る停留所:Rathaus Ulm (市庁舎の近く)
    もしくは、ウルム駅に近い Steinerne Brücke
  • 利用するバス:4号線
  • バスの行き先:Wiblingen / Alte Siedlung
  • 降りる停留所:Pranger
  • 所要時間:約15分

バスは、日中なら10分毎に運行しているので、交通の便はわりと良いです。

①ウルム中央駅 ②停留所 Rathaus Ulm  ③停留所 Steinerne Brücke  ④バス券サービスセンター

停留所【Prange】からのアクセス

《バス停から修道院までの地図》

停留所・Pranger で降りてから修道院まで、徒歩でわずか3分。

公園を通ってヴィブリンゲン修道院へ

バス停からは道路沿いに歩いても行けますし、公園の中を通ることもできます。

ウルム市内への戻り方

帰り (ウルム市内行き) のバス停は、降りた場所のちょうど正反対側に位置しています。

  • 乗る停留所:Pranger
  • 利用するバス:4号線
  • バスの行き先:Egertweg

バスの乗車チケット

ウルムバス1日券

乗車チケットはバスの運転手から購入することもできますが、Service Center Neue Mitte という、チケットを取り扱っているサービスセンターが、市庁舎の反対側にあります。

私は、ウルム市内からヴィブリンゲン修道院への往復だけでしたが、料金は高くないので1日券・€4.4ユーロ (2020年の料金) を利用しました。

最後に

ウルムで穴場的存在の、ヴィブリンゲン修道院についてお伝えしてきました。

これで、南ドイツで一番美しいと言われている図書館と、大聖堂についても一体どうのような建物なのか、お分かりできたかと思います。

ウルム市内中心部から遠く離れていないので、街の観光と合わせて訪れてみてはどうでしょうか!

関連記事 ドイツ】ウルム観光で絶対に見ておきたい必見スポット!

スポンサーリンク

-ドイツ観光/名所

error: Content is protected !!

Copyright© Arto Explore , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.