オランダ情報

オランダでの自転車走行と罰金についても解説!

更新日:

オランダの自転車走行

オランダは世界で一番の自転車大国として大変有名ですが、それだけではなく自転車に対する交通網に関しても素晴らしく整っています。

それゆえに、自転車の交通ルールもきちんとしているので、違反すると罰金が科せられます!

この記事ではオランダの自転車交通知識や、罰金も含めた注意点についてもお伝えします。

※2020年4月9日 更新

スポンサーリンク

オランダの自転車専用通行帯 (専用レーン)

オランダの自転車道

オランダでは自転車で走行する専用の通行帯が、車や歩行者とは別に設置されています。

その専用通行帯は、オランダ語でフィッツパット (Fietspad) と言い、自転車の他に小さい排気量のスクーターも、一緒に走行する場合があります。

歩行者はくれぐれも、自転車専用通行帯を歩かないようにしましょう!

※ 一部、歩道が無く自転車通行帯を歩行する場所もあるので、その際には十分気をつけてください。

オランダで自転車に乗ってる人は、平均的に日本より早いスピードで走行しています。

近年、電気自転車が普及しており、女性や年配の方でも軽く20〜25km/hで走っています。

また、スポーツ走行してる人 (サイクリスト) も多くいるので、うっかりしてると危険です!

私も、スポーツ用の自転車で走行する事がありますが、オランダのサイクリストは、約30km/h前後で走っていますので、万が一ぶつかってしまうと大変なことになってしまいます。

自転車の専用通行帯の見分け方

自転車専用通行帯

ほとんどの自転車専用通行帯は、赤レンガ色をしていますので、区別がとても分かりやすく標識でも表示しています。

自転車専用通行帯には片側通行と対面通行があり、対面通行の場合は中央部に白点で仕切られて、標識にも矢印で対面通行であることを表示してあります。

車道と並走の自転車専用通行帯

片側通行帯は車道の両脇に設置されています。くれぐれも逆走しないように!

でも実際には逆走する人もいるので、念のため気をつけてくださいね。

交通規則では、逆走すると €35ユーロの罰金!

自転車専用通行帯のマーク

標識以外に、分かりやすく道路に自転車の絵が描かれている場所もあります。

住宅地には自転車専用通行帯の標識がないので、なるべく右側を走行するようにしましょう。

スポンサーリンク

自転車で走行時の注意点

🔵走行車線

オランダ (ヨーロッパ) は、右側通行。

🔵右折、左折時

交差点などで道を曲がる場合は、曲がる方向に手を出して合図。

🔵ロータリー交差点

基本的には反時計回りですが、対面通行の場合は標識や白線でも表示。

🔵追越し

基本的には、左側から追い越し。

🔵照明 (ライト)

早朝や夜の暗い時にはライトの点灯が義務付けられており、自転車の前方と後方の両方に装着することが必要。

もし、不点灯で走行していると罰金 €55ユーロが科せられます!

罰金だけでなく、自分自身の安全にも関わってきます。

私の体験でもありますが、自転車で暗闇の中をライト不点灯で走行していると、車の運転手からその存在に気付かない場合があります。

実際に、事故も発生していますので、暗くなったらライトを点灯しましょう!

ライトを点灯する時間帯というのは不明確ですが私が地元のオランダ人に聞いたところ、道の街灯が点灯する頃を目安にと教えてくれました。

🔵信号機

自転車専用信号機

交差点には、車とは別に自転車専用の信号が設置されており、ほとんどの信号機には、自転車の絵が表示されています。

一部の信号機には、下の部分にも小さい補助信号が取り付けられてあるので、見上げなくて済みます。

ほとんどの信号機は押しボタン式で、ポールに取り付けられてあるボタンが、信号機の手前に設置されています。

赤信号でも車がこなければ、そのまま走ってる人もいるのですが、実は赤信号で走行してしまうと罰金 €95ユーロが科せられます!

要注意!交差点での優先順位

信号のない交差点で、自転車と車のどちらに優先順位があるのかを説明します。

自転車道と車道の交差点

上の写真は、ロータリー交差点ですが、黄色で囲んだところに注目してください。

レンガ色の舗装が自転車専用通行帯で、グレー色の舗装が車の車線です。

白い三角形が路上に表示されてありますね。この道路標識をオランダではサメの歯 (Haaientanden)」 と言い、三角形のとがった側が止まらなければなりません

この場合、自転車専用通行帯 (レンガ色の路) に優先順位があります。

つまり、車が止まらなければなりません!

基本的にオランダのロータリー交差点は、街中では自転車に優先権があり、郊外では車が優先しています。このことは地元の人でもよく理解していません。

自転車専用道路での交差点

自転車専用通行帯同士の交差する場所においても、サメの歯で優先順位が示されています。

どちらに優先順位があるのか分からない場合は、このサメの歯を見れば簡単に見分けがつきます。

三角形のとがった側が止まらなければなりません。

ただ一つ注意しておきますが、標識を知らなかったり無視する人もいるので、交差点に差しかかったら念のために減速しましょう!

その他の参考事項

盗難と対策

自転車の鍵かけ

オランダは自転車大国ですが盗難大国でもあるので、自転車を駐輪する場合は、頑丈な鍵をかけることが必須です!

残念ながら、それでも絶対に盗まれないという保証はありません

細いケーブルやチェーンの鍵なら、簡単に切断されてしまいます。

最低限、頑丈なケーブルやチェーンタイプのカギが必要ですね!

それなら、策やポールなどにくくり付ける事ができます。

自転車に装備してあるカギだけですと、そのままかついで持っていかれる可能性もあります。

自転車のカギ

私は、街中に駐輪するときは、必ず2つの鍵をかけています!

一つは、自転車に装備されてる鍵と、もう一つは €50ユーロ以上する太く頑丈なチェーンの鍵を常に持ち運んでいます。

走行中の安全について

🔵ヘルメット

一般の自転車での走行に、ヘルメット着用は義務付けではありませんが、高性能の電動自転車に乗る場合は必要となります。

【ヘルメットが義務付けとなる電動自転車】

モーターの出力:250〜4000ワット

その他には、

  • 16歳以上
  • 免許証 (日本でいう原付免許)
  • バックミラー必備
  • ナンバープレート必備
  • 自賠責保険に加入などの制度

🔴走行中の携帯電話の使用について

2019年7月1日から自転車で走行中に携帯電話の操作をすると、€95ユーロの罰金が科せられます!

携帯電話以外にも、音楽デバイスなどの操作も罰金の対象になってしまいます。

自転車を止めた状態でなら、デバイスの操作は問題になりません。

最後に

それぞれの国によって交通ルールは違いますが、オランダでの自転車走行に関する事がお分かりできたでしょうか!

交通違反に関しては、常に警察官が取り締まっているわけではないですが、注意に越したことはないですね。

もし、オランダに観光で訪れ自転車を借りて走行する場合にも、基礎知識として役立てれば幸いです。

関連記事 オランダで開催する自転車の展示会【ベネルクスで最大規模】

スポンサーリンク

-オランダ情報

error: Content is protected !!

Copyright© Arto Explore , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.