オランダ情報

F1が開催されるオランダのザントフォールト・サーキットでのヒストリック・グランプリを紹介

更新日:

ザントフォールトサーキット

アムステルダムからも近い、北海に面したオランダの海岸リゾート地にある「ザントフォールト・サーキット」

Circuit Park Zandvoort

このサーキットでは毎年夏に、クラシックなレーシングカーによる「ヒストリック・グランプリ」が開催されています。

そして、2020年にはF1グランプリの開催が決まりました。

【開催日:2020年5月1日〜3日

※新型コロナウイルスの影響で中止が確定となりました。

ザントフォールで最後にF1が開催されたのは1985年なので、35年ぶりの復活です!

今回は、「ヒストリック・グランプリ」を通じて、昔のグランプリカーやザントフォールト・サーキットについてもお伝えしていきます。

※2020年3月21日 更新
🕙この記事は約4分で読めます。

スポンサーリンク

ザントフォールト・サーキットのヒストリック・グランプリ

サーキットのグランドスタンド

毎年春から秋にかけて、オランダのザントフォールト・サーキットでは、数多くのイベントやレースが開催されています。

その中の一つ、今年 (2019年) で8回目を迎えた「ヒストリック・グランプリ・ザントフォールト

Historic Grand Prix Zandvoort

ヒストリック・グランプリとは、1950〜60年代のグランプリカーや1970年代のスポーツカーなど、歴史的なレーシングカーが勢揃いする、モータースポーツファンにとって大変興味深いイベントとなっています!

開催されたのは、2019年9月6〜8日の3日間で、予選から決勝レース、そしてデモンストレーション走行もあるのです。

レース以外にも、パドックでは様々なレーシングカーが展示されています。

◾️ヒストリック・グランプリ・ザントフォールト公式ウエブサイト (英語)
historicgrandprix.nl

ザントフォールトサーキットのマップ

出典:historicgrandprix.nl

🔘 ザントフォールト・サーキット詳細

  • コース全長:4.307km
  • コーナー数:14
  • メインストレート:678m
  • 高低差:7.2m

オランダは「真っ平ら」というイメージだと思いますが、ここは砂丘の地形を利用して作られたサーキットなので、意外と高低差があるのです。

それでは部分的にですが、サーキットを見ていきましょう!

ホームストレート

長さ678mのメインストレート。

ピットレーン

メインコースに出て行くピットレーン。

サーキットの第一コーナー

最高速度から一気に減速する第1コーナー。

サーキットのヘアピン

メインストレートのちょうど裏側に位置しているヘアピンカーブ。

ここから少し上り勾配になっています。

サーキットの最終コーナー

最終コーナーへ向かう短いストレート。

F1なら、200km/h以上で立ち上がっていく高速コーナー!

2020年からのF1開催に向けて、バンクが設けられました。

グランドスタンドからの眺め

サーキットのグランドスタンドからは、ストレート裏のヘアピンカーブと、そこから上っていく裏のストレートも一部見れます。

この映像は2020年3月の初めに、改修工事を終えたばかりのサーキットを、マックス・フェルスタッペン (レッドブル・レーシング) が走行。

ザントフォールトサーキットのパドックの眺め

こちらは、パドックの様子。

ピットボックス (建物) の屋上からは、メインストレート、第1コーナーからヘアピンにかけて、そしてヘアピンから上っていく裏のストレート、最終コーナーへ向かう所も見れます。

パドックも含めたチケットを買うと、この場所にもアクセスが可能です!

ホームストレートの橋

サーキットの入り口から、ホームストレートのトンネルを通ってパドックにアクセスします。

ザントフォールトサーキットのパドックへの道

ここは、パドックに向かう道。

左側はホームストレート、右側にはシケインがあります。

スポンサーリンク

かつてのレーシングカー

このイベントの見どころと言えば、数多くのヒストリック・レーシングカーが勢揃いしていることですね!

その中から、特にグランプリ・カーを紹介していきます。

半世紀前のグランプリ・レーシングカー

フェラーリとロータス

まず最初に、1950〜1960年代のグランプリカーから!

こちらは、1960年代のフェラーリとロータス。

ジムクラークのロータスエフワン

1960年代に、ジム・クラークが乗っていた頃のロータス。

マセラティのエフワン

Maserati A6GCM

1951年のマセラティ。

グランプリカーのタブレット

Tablet Lago T26C

1948年のグランプリカー「Tablet Lago」

ポルシェのグランプリカー

Porsche 718/2-02

1960年のポルシェ・F2グランプリカー。

ヒストリックカーのレース

このように50年以上前のグランプリカーを直近で見ることができ、実際にレースやデモ走行も行われています。

ひと昔前のF1グランプリカー

シューマッハのベネトンエフワン

Benetton B192

1992年に、「ミハエル・シューマッハ」がベネトンで参戦していたマシン。

この年のベルギー・グランプリで、シューマッハは初優勝しました。

ブラバムエフワン

BRABHAM-BMW BT54

1985年、「ネルソン・ピケ」がドライブしていたブラバムF1。エンジンはBMWを搭載。

デーモンヒルのジョーダンエフワン

Jordan 198

「デーモン・ヒル」が、1998年に乗っていたジョーダンF1。

この時、エンジンは無限ホンダを搭載していました。

フェルスタッペンのアローズエフワン

Arrows A22

今現在、現役で活躍しているオランダ人ドライバー「マックス・フェルスタッペン」の父である「ヨス・フェルスタッペン」が、2001年にアローズで参戦していた頃のマシン。

BMWサウバーエフワン

BMW Sauber F1.07

2007年のBMWサウバーF1。

この年のドライバーは「ニック・ハイドフェルド」と「ロバート・クビカ」。

そして、「セバスチャン・ベッテル」がF1デビューしたのも、このチームからでした。

F1以外にもF2やF3、1960年代のルマン24を走っていた車、ドイツのツーリングカー (DTM) 、GTカーなど様々なレーシングカーが見られます。

サーキットのレストラン・カフェ

サーキットでの食事ですが、レストランやカフェがグランドスタンドの近くと、パドックの中にもあります。

サーキットのレストラン

Restaurant La Course

ホームストレートに面した所にある、レストラン「ラ・コース」

グランドスタンドにも近く、テラスで食事やカフェなどを楽しみながらサーキットを見ることも可能です。

サーキット内のミッキーカフェ

Mickey's Cafe

第1コーナ寄りのパドック内にあるカフェ・バー「ミッキー」

ハンバーガーなどの軽食もありますが、どちらかと言うとバーといった感じです。

この他にも、パドック内にはたくさんのフード屋台もあり、ハンバーガーやホットドッグ、サンドイッチ、フライドポテト、ドーナッツなどのスナックや飲み物も販売しています。

※注意事項としてサーキット (敷地内) に入る場合は、アルコールの持ち込みは禁止されています。(店頭での販売のみ)

サーキットへのアクセス

ザントフォールトサーキットの入り口

ザントフォールト・サーキットへは、車、バス、鉄道で行くことができます。

※F1開催時には、道路規制が行われる見込みで、地元では公共交通機関の利用を勧めています。

🔵 鉄道での移動

  • アムステルダム中央駅から、ザントフォールト・アーン・ゼー駅まで約30分
    Amsterdam Centraal → Zandvoort aan Zee
  • ハーレム駅からは10分
    Haarlem → Zandvoort aan Zee
  • そして、ザントフォールト駅から徒歩で約12分

🔵 バスでの移動

  • バス 81, 84号線で、ハーレム駅からサーキット入り口まで約22分
    Haarlem → Circuit Zandvoort

※イベント開催時は、運行状況が変わる場合があります。

公共交通機関のアプリを使えば、運行時間を簡単に検索できます。

参考記事 オランダ公共交通機関の検索アプリ【9292】の使い方!

🔵 自転車での移動

レンタル自転車を使って、ハーレムから約30分で行くこともできます。ハーレムにはレンタル自転車店がいくつかあります。

入り口のチケット売り場

チケット売り場

こちらは、サーキット入り口のチケット売り場。

イベントがある場合、オンラインでチケットを購入する人が多いですが、現地で買うことも可能です。(F1 などの特別なイベントを除く)

◾️ザントフォールト・サーキット公式ウエブサイト (英語)
www.circuitzandvoort.nl

最後に

かつて活躍していたレーシングカーが勢揃いするヒストリック・グランプリ。

毎年、いろんなレーシングカーが集まるのが楽しみです。

2020年5月に開催する予定だったF1グランプリは、中止となってしまいましたが、延期か2021年に開催されるのが楽しみですね!

スポンサーリンク

-オランダ情報

error: Content is protected !!

Copyright© Arto Explore , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.