オランダグルメ

オランダで冬に食べる定番のお菓子・オリボーレンとは!?

更新日:

オランダのオリボーレン

オランダにはオリボーレンという、伝統的なパン菓子のような食べ物があります。

大晦日に食べるのが定番ですが、実際には秋ころから売り出していて、春先まで買うことができます。

そのオリボーレンについて、種類や売っている場所、食べ方、歴史についても簡単にお伝えしていきます。

スポンサーリンク

冬に食べるお菓子・オリボーレンとは?

オリボーレン

Oliebollen

オリボーレンとは、オランダで生まれたパン菓子の一つ。

「オリボーレン」(Oliebollen) は複数形で、1個だけならオリボール (Oliebol) と言う。

こぶし程の大きさの丸い揚げパンのようなもので、外はカリッとしていて中身はモッチリとした食感が特徴!

その種類には、主に次の2種類が挙げられます。

  • Oliebollen:プレーンタイプ
  • Krenten / Rozijnenbollen:レーズン入り
スポンサーリンク

販売する時期と場所

オリボーレンの屋台

オリボーレンはオランダに限らずベルギーでも売っていて、ほとんどのお店は移動式の屋台。

商店街の近くにある広場や屋外マーケット、移動式遊園地「ケルミス」、クリスマスマーケット、スキポール空港の外にも出没しています。

  • 屋台の呼び名:オリボーレンクラーム (Oliebollenkraam) 

販売時期は、早いところでは9~10月頃から始まり、年が明けて春先まで売っているお店もあります。

いろんな屋台

こんな感じで、お店 (屋台) のデコレーションは様々!

店頭のオリボーレン

オリボーレンの値段は、ほとんどのお店で1個 €1ユーロ

まとめて買うと6個で€5ユーロ、12〜14個で€10ユーロというように安くなります。

オリボーレンの持ち帰り

屋台ではこのような紙袋に、粉砂糖 (小さな袋) もいっしょに入れて渡してくれます。

フルーツ入りのオリボーレン

オリボーレンと似たようなものでアップルやバナナの入ったものや、ドイツのベルリンボール、ベルギーワッフルなど、さまざまなお菓子を取り揃えている屋台もあります。

スーパーマーケットでも年末に近づくと売り出されますが、粉砂糖は別途で購入。

オリボーレンの食べ方

出来立てのオリボーレン

オリボーレンは、粉砂糖をまぶして食べるのが一般的。

屋台で買ってすぐに食べるのでしたら、上の写真のようにパウダーシュガーをかけてもらえます。

一番のオススメは、なんと言ってもホッカホカの出来立て!

しかしながら、たくさん作り置きしているので、出来立ててが買えるのはタイミング次第。

それでは、持ち帰って冷たくなったオリボーレンは、どのようにして食べるのか?

適度に温めると美味しくいただけます😋

  • オーブン:160度で予熱をしてから約6分間、180度なら約5分
  • 電子レンジ:まとめて約10個なら700Wで2分間、1〜2個だけなら約30秒

※電子レンジを使う場合は、キッチンペーパーを敷いて上にもかぶせましょう!

粉砂糖をまぶしたオリボーレン

そして、温まったらパウダーシュガーを振りかけて出来上がり!

電子レンジで温めると、カリッとした食感は失われるので、オーブンを使う方がオススメ。

あまり気にしなければ、レンジの方が早く簡単に温められます!

🟣オリボーレンを食べる際の注意点!

粉砂糖が飛び散り、手や洋服が白くなってしまう事を覚悟の上でいただきましょう!(笑)

オリボーレンの歴史を簡単に!

オリボーレンの起源はハッキリとしていませんが、すでに中世の頃にはあったようで、それが証拠となる絵画も存在しています。

オリボーレンの絵画

『Jonge vrouw met een kookpot vol oliebollen』
 (オリボーレンでいっぱいの鍋を持つ若い女性)

こちらは1652年頃の絵画で、オランダの画家「アルベルト・カイプ」(Aelbert Cuyp) による作品。

ドルドレヒト美術館 (Dordrechts Museum) で見ることができます。

絵画を見るとオリボーレンは丸い形をしていますが、最初の頃は平なケーキでオリクーク (Olykoek) と呼ばれていました。

1667年に書かれたオランダ北部の料理本「de Verstandige kok」には、オリボーレンのレシピが記載されています。

脂肪とカロリーが豊富で満腹感も満たすことから、寒い冬には最適な食べ物。

年末の伝統的な食べ物になった経緯 (イキサツ) は、貧しい人々の間で幸せな新年を願う引き換えとして、この食べ物を手に入れました。

そして、オリボーレンを大晦日に食べることが定着したのは、19世紀になってからのこと。

このように何百年にも渡って食されていて、なんとなく年越し蕎麦と似たような風習でもありますね。

おわりに

大晦日に限らず秋から春先にかけて、いつでも食べることができるオランダ伝統のお菓子。

冬に近づくと各地に出没してくるオリボーレンの屋台で、是非とも味わってみたい食べ物です!


スポンサーリンク

-オランダグルメ

error: Content is protected !!

Copyright© Arto Explore , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.