オランダの鉄道

アムステルダムを走るレトロなトラムで市内を周遊!

投稿日:

アムステルダムのレトロなトラム

【アムステルダムの穴場情報です

100年前のレトロなトラムに揺られて、アムステルダム市内を周遊できるという、一味違った体験をしてみませんか?

ダム広場を出発して旧市街地をひと回りする、ノスタルジックなトラムでの旅。

しかしながら、詳しい情報を見つるのは難しいので、この記事で是非ともお伝えします。

週末にアムステルダムで観光するアイデアのひとつとして、また、乗り物ファンにも参考にしてみてください。

スポンサーリンク

アムステルダム旧市街地をレトロなトラムでの周遊

ミュージアムのレトロなトラム

Electrische Museumtramlijn Amsterdam

アムステルダムを走るレトロなトラムは、地元の路面電車博物館が管理・運営するもので、毎月2回に限って旧市街地を走らせています。

この路線名は、通称・トラム20号線 (Lijn 20)。

🔵運行スケジュール

  • 毎月:第1、第3土曜日
  • 時間:11:00 ~ 17:00 / 約30分おきに出発
  • 所要時間:35~40分

🔵乗車料金

  • 料金:12歳以上 9ユーロ / 4~11歳 7ユーロ
  • 支払い:現金、またはカード

🌐 www.museumtramlijn.org/

コロナ禍はだいぶ落ち着いたこともあり、2022年の春から運行が始まりました。

筆者はひと足先に、2月に運行した時に乗ってきているので、その時の様子をツイートした動画も添えて紹介していきます。

スポンサーリンク

トラムはダム広場から出発

ダム広場のトラム乗り場

レトロなトラムが運行する日には、出発地点となるダム広場にトラムがやって来ます。

この場所に停留場はありませんので、停まっているトラムを見かけたら近寄ってみましょう。

スタッフの人たちが待機しています。

トラムのチケット

このトラムのチケットは、近くにいるスタッフから直接購入します。

すると、このような昔の乗車券を渡されました!

...乗車したのは2月なのですが、なぜか4月のところに穴が開けられました。(笑)

このトラムに乗るのに予約の必要はなく、支払いは現金、またはカード。

トラムの運転台

座席は自由ですので、早く来た人から好きなところに座れますが、もし混雑する場合には、次のトラムに乗車するようになります。

前方にいれば運転している様子や、走行中の前方の景色も見ることができますよ!

トラムの窓は大きので見晴らしは抜群です。

車内は木材でできた内装なので、まさにレトロ感たっぷり!

では、いよいよ出発です‼️

ちなみに、とても古い車両なのでカーブを通る際には、車輪とレールとの摩擦音がかなり耳に響きます。

要は、うるさいです🙉😅

観光用の音声ガイドなどは無いのでトラムでの周遊を、ノスタルジックな雰囲気をたっぷり味わいながら、楽しむことにしましょう。

こちらは、走行中に運転している様子を、近くでちょっとだけ拝見しました。

とてもシンプルな運転台ですね‼️

トラムが走るところには、歴史の古い建築物が数多くあったり、世界遺産でもあるアムステルダムの運河沿いを走ったりと目白押し‼️

トラムのルートマップ

周遊は通常の営業路線とは異なったルートを通り、アムステルダムの旧市街地を40分近くかけて、ぐるっとひと回りしてきます。

※2022年7月からは路線工事により、一部のルートに変更があるとのことです。

市内をひと回りしてきたら、再びダム広場に戻ってきて終了です。

ダム広場ではトラムが数分間停まっているので、王宮や教会などの中世の雰囲気がある建物と一緒に、記念撮影するチャンスもありますよ!

もし、時間があれば街中に繰り出して、トラムが走ってくるところを写真に収めることもできますよ!

ただし、30分に1回しか走ってこないので、気長に待っていないといけませんが...

終わりに

オランダでは、ロッテルダムデン・ハーグでも、レトロなトラムが街の観光用として走っています。

アムステルダムでも同様に修復・整備された車両が、100年経った今でも実際に乗ることができるのです。

特にアムステルダムの旧市街地は、昔ながらの建物が多く残されているので、レトロなトラムとマッチングして、ノスタルジックな雰囲気を味わえることは間違いでしょう‼️


スポンサーリンク

-オランダの鉄道

error: Content is protected !!

Copyright© Arto Explore , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.