オランダの鉄道

ロッテルダムを走るレトロなトラムで街巡り!

更新日:

レトロなトラム

【穴場情報です】

オランダのロッテルダムで、ちょっと変わった観光をしてみませんか⁉️

90年前のレトロなトラムが、近代都市を1時間以上かけて走り回るという、とてもユニークで興味深い体験ができるのです。

乗り物ファンはもちろん、ただ単にロッテルダム市内を観光するにも最適!

走る博物館とも言われるトラムで、タイムスリップしたかのような雰囲気が味わえる街巡りを紹介します。

※2021年現在、乗車の際にはマスクの着用が必須です。

スポンサーリンク

ロッテルダムを走るレトロなトラムで街巡り

ミュージアムトラム

Rotterdams Tram Museum 

ロッテルダム市内を、レトロなトラムが観光しながら走り回る「ミュージアム・トラム」

この車両は、ロッテルダムにある博物館が所有しているもので、他にも数多くの古いトラムがあり、修復して実際に乗客を乗せて走らせているのです。

今回、乗車したトラムは1931年製。

つまり、90年前の車両ということですね!

見事に修復された車両はとても綺麗で、当然ですがちゃんと動いてます‼️

トラムは1両単体の編成ですが、運行する時間帯によっては2両連結する場合もあります。

運が良いと、異なったレトロな車両に出くわすかも知れませんよ!

乗車したのは週末でしたが、コロナ禍の中で観光客もほとんどおらず、私を含めたった3人の乗客。

座席は好きなところに座れ、混雑していなかったので何回か席を移動しました。

※2021年現在、乗車の際にはマスクの着用が必須です。

トラムの車窓から

トラム観光でのメリットは、一般の道路や歩道の中も突き抜けて走るので、街歩きしているような目線で市内を眺められること。

街中を走行していると、歩行者がレトロなトラムを注目している様子も見ら、まるで人気者になったような錯覚も味わえます✌️😅

車内の様子

トラムの内装

トラムの内装は歴史を感じさせる木造で、ツヤのあるニスがとても綺麗な仕上がり。

意外と大きな窓からは視界も良好です。

トラムの運転台

運転台も間近で見ることができ、前方の席に座っていれば、運転の様子も見られますよ!

トラムの座席

座席は二人がけ用と、一人用。

降車のボタン

窓の間の柱には、降車を知らせるボタンも、ちゃんとあります!

(...実際に押してみませんでしたが。)

運転中には、レトロなベルの音も聞けます!

このトラムで、ちょっとした難点をあげるならば、夏の暑い時。

今回は、外気温が24度ほどでしたので問題ありませんでしたが、30度ほどになると流石に暑いと思います💦

1931年の車両なので、当然エアコンはなく大きな窓は締め切り。

しかし、上部にある小さな窓は開くので、走り出すと多少風が流れ込んできます。

トラムの走行ルート

ミュージアムトラムはロッテルダム市内中心部にある、ほぼ全てのトラム路線を駆使して走り回ります。

出発点は、エラスムス橋のふもとにある停留所「Willemsplein」から。

停留所を出発すると、ラインバーン(歩行者天国)、ロッテルダム中央駅、市庁舎、デルフスハーフェン、キューブハウスなどを通り、再び Willemsplein に戻ってきます。

車内では、オランダ語、英語、ドイツ語による、ツアーガイドアナウンスが流れるので、ロッテルダムの主要スポットについての説明が聞けます。

車内のスピーカー音が大きすぎるかもしれませんが...

走行する区間によっては、結構なスピードを出して快走します!

🔵乗車前のヒント‼️

出発地点の停留所付近には、フード屋台が止まっている場合があるので、乗車前に飲み物を買って持ち込むこともできます。

ただし、ゴミは持ち出しましょう。

スポンサーリンク

トラムの運行日程

通常であれば、6月中旬〜10月末までの期間ですが、2021年はコロナ禍におけるロックダウンの影響もあり、7月からの開始となりました。

  • 2021年7月1日〜10月31日
  • 毎週:木〜日曜日
  • 時間帯:11:00〜16:30の間、20〜45分置きに出発
  • 所要時間:70分

今回お伝えしている路線以外に、途中で乗り降りが可能な「Hop on - Hop off」もあるのですが、2021年現在ではコロナ禍でサービスを提供することはできません。

トラム乗り場

トラムの停留所

ミュージアム・トラムは、エラスムス橋のふもとにある、停留所「Willemsplein」から出発しています。

Willemsplein への行き方

◾️地下鉄を利用する場合

  • ロッテルダム中央駅から地下鉄路線「DE」を利用
  • 3つ目の駅「Leuvehaven」で下車
  • Leuvehaven駅から歩いて5分ほどで到着

停留所には、レトロなトラムが待機しているので、すぐに見つけられるでしょう。

◾️トラム (RET) を利用する場合

  • ロッテルダム中央駅からトラム7号線を利用
  • 終点の Willemsplein で下車

ミュージアムトラムのチケット

チケットの購入は、停留所「Willemsplein」にスタッフが待機しています。

予約の必要は要りません。

◾️乗車料金

  • 大人 €10 ユーロ
  • 16歳未満 無料 (大人1人の同伴に子供2人まで無料で乗車可能)

支払いはカードのみとなっています。(ヨーロッパ対応のデビットカード、クレジットカード)

※オランダのミュージアムカードには対応していません。

受付の際にコロナウイルス対策により、次の個人情報の登録が必要になります。(2021年現在)

  • 名前 / 住所 / 電話番号 / Eメールアドレス

 

◾️ホームページ
stichtingromeo.nl/en/tram-15

最後に!

90年前のレトロなトラムで近代都市を走り回るという、とてもユニークな体験ができるロッテルダムのミュージアム・トラム。

乗り物ファンはもちろん、タイムスリップして昔の雰囲気を味わえ、歩かずにロッテルダム市内を観光できるという利点もあります。

何より、公共のトラム路線とは違い、気軽に楽しめることは間違いなし。

ロッテルダムを訪れた際には、是非とも体験乗車してみるのもいいですよ‼️

参考までに、デン・ハーグの都市には60年以上前のトラムが、そして、ホールンからは100年以上前の蒸気機関車も走っています。

詳しくは、これらの記事を参考にご覧ください。


スポンサーリンク

-オランダの鉄道

error: Content is protected !!

Copyright© Arto Explore , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.