オランダの鉄道

アムステルダムの地下鉄・トラム・バス共通乗車券の買い方から乗り方までを解説!

更新日:

アムステルダムのトラム

Amsterdam, GVB Tram

アムステルダム市内には地下鉄、トラム、バスの交通網が充実していて、広い範囲へ移動することができます。

特にトラムは、主な観光名所へアクセスしているので、とても便利に利用できます。

しかし、はじめてアムステルダムに来た時に『どこで切符を買って、どうやって乗り降りするの?』...と、疑問に思うはずです。

そんな事のないように、アムステルダムの交通機関を共通して使えるチケット (乗車券) の買い方と、それぞれの乗り方についても解説していきます。

2020年6月1日から公共交通機関を利用する際には、マスクの着用が義務化となります。

※2020年5月8日 更新

スポンサーリンク

チケット(乗車券)について

アムステルダムの乗車チケット

GVB チケットの表と裏

アムステルダムに限らずオランダ公共交通機関のチケットには、ICチップのようなものが埋め込まれていて乗り物に乗車・降車する際に、専用の機械でチケットをスキャンしなければなりません。

つまり、日付をスタンプする打刻機は無く、乗り物に乗車・降車する情報はチケットに記憶されます

使い捨てチケットの他に OV-chipkaart という、JR東日本で発行しているSuicaと似たようなカードもありますが、カード代金として €7.5ユーロ必要になってしまいます。

短期間の旅行では、使い捨てチケットの方が便利に利用できます。

【参考】OV-chipkaart (OV チップカード) については、こちらの記事で解説しています。

参考記事 使い方簡単!切符の代わりになるオランダの【OV-chipkaart】を解説

アムステルダム公共交通機関の共通券

アムステルダム市内の地下鉄、トラム、バス、フェリーの交通機関を運営しているのが、市営交通会社「GVB (Gemeentevervoerbedrijf)」

そして、これらの交通機関全てに共通して利用できる使い切りのチケットが、1時間券から最大7日間 (168時間) 有効のチケットまで用意されています。

その中でもよく使われるチケットが24時間券

GVBのチケットは時間で利用期間を設定しているので、はじめて使うときに専用の機械でスキャンしてから利用時間がカウントされます。

例えば、夜の19時に24時間券のチケットを初めて使う (スキャンする) 場合には、翌日の19時まで有効

先にチケットを買い置きして、後日に使うこともできます!

※チケットに使用する時間は表記されないので、使い始める時間を覚えておく必要があります。

🔵 GVBの路線図は、こちらから参照できます。

注意事項

次の交通機関に GVB のチケットは利用できません

  • NS (オランダ鉄道) 
  • EBS (バス)
  • Connexxion (バス)

車内で検札が行われた場合に有効なチケットを持っていないと、€50ユーロの罰金に加えて乗車区間の料金を支払わなければなりません。

スポンサーリンク

自動券売機での買い方

アムステルダムGVB自動券売機

GVB tickets machine

GVBチケットの自動券売機は地下鉄の各駅に設置してあり、アムステルダム中央駅構内にも数ヶ所あります。

目印はステンレスと青色の券売機!

では、自動券売機によるチケットの買い方について解説していきます。

① 画面にタッチ、英語表示に切り替え

GVB初期画面

まずは、言語を英語表記に切り替えます。

画面下の [Englishi] をタッチ。

※画面はタッチスクリーンですが、反応があまり良くない場合には少し強めに押してみてください。

② 利用するチケットの種類を選択

GVB券売機の英語画面

上から2番目の [Buy disposable GVB chipcard] をタップします。

③ 利用する時間を選択

GVB時間帯を選択する画面

左から2列目の項目で、利用したいチケットの時間帯を選びます。

上から順に、

  • GVB 1 hour(1時間券)€3.2ユーロ
  • GVB 24 hrs / 1 day(24時間券)€8ユーロ
  • GVB 48 hour / 2 day(48時間券)€13.5ユーロ
  • GVB 72 hour / 3 day(72時間券)€19ユーロ
  • GVB 96 hour / 4 day(96時間券)€24.5ユーロ

最大で168時間 / 7日間までのチケットが用意されています。

ここでは、24時間券 [GVB 24 hrs / 1 day] を選んでみます。

④ チケットの枚数と決済の方法を選択

GVB支払いの画面

左から3列目の項目で、チケットの枚数を選びます (まとめて5枚まで購入可能)。

支払い方法は、現金 (硬貨と紙幣)、PINカード (デビットカード)、クレジットカード (VISA、MasterCard) が利用できますが、 一部現金の使えない券売機もあります。

⑤ レシートの有無を選択

GVBレシートの有無を選択

カードで決済をする場合はレシートの有無も表示されるので、Yes または No を選択します。

⑥ 決済

GVB券売機での決済

画面右側で支払いを行います。

🔵 現金

上側に硬貨 (キーボードの上) と、紙幣 (キーボードの右上) の投入口があります。

硬貨は10セント以上のコイン、紙幣は5、10、20ユーロが使えます。

🔵 カード

キーボード操作盤の真下にカードの挿入口があります。

※カードの挿入と取り出しは手動で行います。

カード決済の場合は、キーボード操作盤の小さな画面にメッセージが出てきますので、それに従ってカードを挿入して4桁の暗証番号を入力します。

次にキーボードの [OK] ボタンを押して、画面のメッセージに従ってカードを取り出します。

⑦ チケットとお釣りの取り出し

GVBチケットの取り出し

決済が完了すると画面下の取り出し口に、チケットが出てきます。

チケットは左側、お釣りとレシートは右側。

⑥ これがGVBの24時間チケット!

GVBの24時間乗車券

チケットはクレジットカードと同じ大きさで、厚みのある紙です。

料金の上に使用期限が表示されているので、その日まで有効。

このチケットに表記されている [20/07/2020] とは、2020年7月20日までに使えるという意味です。

運行時間の検索に便利なアプリがあるので、移動の際にはぜひ使ってみませんか!

参考記事 オランダ公共交通機関の検索アプリ【9292】の使い方!

その他の購入場所

GVBチケットは、地下鉄駅以外の場所でも購入が可能です。

アムステルダム中央駅の15番線側の改札「IJ-zide」には OV Servicewinkel というサービスセンターがあります。

1番線側の改札にあるトラム乗り場の反対側にも、GVB Tram Bus Metro というサービスセンターがあるので、人員から直接チケットを購入できます。

その他には、市内の PrimeraBruna など、様々なショップでも取り扱っています。

➡️ GVB サービスポイント

トラム・バス車内での買い方

トラムとバスでは、1時間券と24時間券のチケットを購入することができますが、現金では取り扱っていません。

支払いは非接触決済カード、または4桁の暗証番号が対応している次のカードです。

  • V-pay
  • Maestro
  • VISA
  • Mastercard
  • JCB
  • Diners Club
  • Union Pay

 バスは、運転手からチケットを直接購入できます。

トラムの場合は、車内後方に乗務員のいるカウンターで購入することができます。

※車内後方に窓口の無いトラムは、運転手から購入します。

チケットの使い方と交通機関への乗り方

地下鉄 (メトロ) の場合

地下鉄の駅には自動改札が設置してあり、オレンジ色の丸い部分にチケットを当ててスキャンするとゲートが開きます。

アムステルダム地下鉄の改札

通行するのは、スキャンした機械の左側を通ってください。 

※改札を出入りする度に、チケットをスキャンします。

乗車・降車の際には、ドアの中央部分にあるボタンを押すと扉が開きます

※ドアは自動で開きません!

アムステルダムの市営交通会社はGVB ですが、R-NET という車両もあります。

R-NET、GVBの地下鉄

R-NET / GVB Metro

少し間際らしいので説明しておきますが、R-NETとは高品質の公共交通機関を提供し、自治体と提携して運行している会社です。

アムステルダム地下鉄のサイン

オランダでは地下鉄のことを「メトロ」と言います。

地下鉄の駅がある場所には「M」と記された大きなサインがあるので、それが目印。

トラム・バスの乗り方

アムステルダムのトラム

Amsterdam, GVB Tram

トラムに乗る場合は、一番前か後方から2両目のドアから乗車。

トラム後方の入り口

乗車する場合は、地下鉄と同じようにドアのボタンを押すと扉が開きます。

バスは一番前のドアから乗車します。

GVBアムステルダムのバス

GVB Bus

車内にはチケットをスキャンする機械が、ドアのすぐ近くに設置してあります。

チケットのスキャン機とドアボタン

チケットは有効時間内に何度も使えますが、車両に乗り降りする度にスキャンしてチェックイン・チェックアウトすることを忘れずに

降りる停留所が近づいてきたら、車内にある停車ボタン(赤色)を押して運転手に知らせます。

トラム、バスの停車ボタン

車両が停車したら、ドア付近のボタンを押すと扉が開きます。

※降りる時にも、チケットのスキャン (チェックアウト) を忘れずに!

チケットのスキャンを音で確認する

チケットを専用の機械でスキャンすると音が鳴るので、その音でチェックイン・チェックアウトが確認できます。

  • チェックインの場合は、ピープ音が1回
  • チェックアウトの場合:ピープ音が2回
  • それ以外の音:チケットが有効でない
    (誤作動の場合もありますのでチケットが有効時間内でしたら、数秒待ってからもう一度スキャンしてみましょう)

無料のフェリー

アムステルダムのGVBフェリー

Amsterdam GVB Ferry

アムステルダム中央駅の川沿い側の出口には、対岸とを繋ぐフェリーが運航していて、歩行者と自転車は無料で利用できます!

➡️ GVBフェリー路線図 (PDF)

最後に

以上、アムステルダム市内における交通機関のチケットの買い方と、利用方法をお伝えしてきました。

オランダのシステムは他の国とは違い、チケットをスキャンする必要があるのですが知らない人や、つい忘れてしまう事もあります。

アムステルダムを観光する際には、困らないように参考にしてみてください。

【参考記事】

スキポール空港からアムステルダムへ行く方法を、こちらの記事でお伝えしています。

スキポール空港からアムステルダムにアクセスする4つの方法を解説

アムステルダム市内の移動には、こちらの記事も参考にどうぞ!

アムステルダムの観光スポットにアクセスするトラム路線と停留所を徹底解説!

スポンサーリンク

-オランダの鉄道

error: Content is protected !!

Copyright© Arto Explore , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.