IT-電子機器

iPad対応の安いスタイラスペン【Apple Pencil第1・第2世代のかわりに使える】

更新日:

iPad対応のスタイラスペン

iPadに対応した互換性のあるペンシルに、スタイラスペンというものがあります。

Stylus Pen

純正のApple Pencilに比べると価格は半額以下と安く、第1・第2世代ペンシル対応のiPad両方に使えるのがメリット。

一部の機能は備えていないものの、普通に使っている分には違和がありません。

そのスタイラスペンのひとつを取り上げて、使い方などを解説していきます。

※この記事は2020年12月の情報です。

スポンサーリンク

iPad対応の安いスタイラスペン

iPad互換性ペンシル

Apple純正のPencilと比べると、手頃な価格のスタイラスペン。

使い方はとても簡単で、Bluetoothを使わないので、ペアリングする必要なし!

そして、ペンシルに対応したiPadなら、どのモデルにも使えます。

※iPad Air 4は発売して間もないので、スタイラスペンの対応機種に表示されていない場合がありますが、iPad Pro 11、12.9対応なら使用可能。

まずは価格を比較

スタイラスペンは、Amazonにたくさんの種類が掲載されています。

  • Stylus Pen:2,000円代〜3,700円程 / 35ユーロ前後
  • Apple Pencil 第1世代:11,880円 / 99ユーロ
  • Apple Pencil 第2世代:15,950円 / 135ユーロ

2020年最新モデルならば、約3,700円。

いろんなメーカーのモデルがありますが、よく見ると似たような物がほとんど。

全く同じパッケージのスタイラスペンもあるので、製造元は一緒ではないかと思います。

iPad対応のスタイラスペン

私の持っているスタイラスペンはヨーロッパで注文したので、ウエブサイトにメーカー名は記載されていませんでした。

日本アマゾンなら、このモデルだと思います。
タッチペン【2020年最新進化版】

傾き感知機能が付いたモデルはこちら。(アマゾン)
タッチペン iPad ペン スタイラスペン【2020年進化版】

パッケージの中身

スタイラスペンの箱の中

箱の中には、スタイラスペンと充電用のUSBケーブル、ペン先の予備も入っています。

そして、開封時はすでに充電されていました。

英語による簡単な説明書もあります。

🔵ペン先

ペン先の違い

ペン先をApple Pencil 第1世代と比べてみました。

同じような材質で、先端部の細さも互角。

🔵ペンシルの長さ

ペンシルの長さ

(画像はスタイラスペンとApple Pencil第1世代の比較)

スタイラスペンの長さは、Apple Pencilの第2世代と同じ。

  • Stylus Pen:166mm
  • Apple Pencil 1:175.7mm
  • Apple Pencil 2:166mm

※スタイラスペンのモデルによって、長さは多少異なります。

スポンサーリンク

スタイラスペンの使い方

ここからは取り扱い方を解説していきます。

操作はとても簡単!

ペンシルの頭の部分をタッチすると、スイッチがオン・オフ。

ペンシルの電源

スイッチが「オン」になると、画像のように小さな青いランプが点灯。

5分間放置していると、自動でスイッチがオフにもなります。

スタイラスペンのスイッチをオンにしたら、iPadのスクリーンにタッチするだけで使えます。

iPadのBluetoothは必要ないですが、もし純正のアップルペンシルを使っていたら「オフ」に!

充電方法

ペンシルの充電

付属のUSBケーブルを、スマホやiPadの充電器、パソコンのUSBポートなどに接続するだけで充電が開始。

ちなみに、スタイラスペン側はUSB-C。

  • 充電中:🔴 赤ランプ点灯
  • 充電完了:🟢 緑ランプ点灯
  • 充電時間:約90分
  • フル充電で使用できる時間:約20時間

使い勝手について

マグネット付きの互換ペンシル

互換性のペンシルでもマグネットが組み込まれているのがあり、iPad Pro や iPad Air 4に装着できます。

ただし、アップルペンシルのように充電はできません。

スクリーン上の操作では、絵や文章を書いたり、写真や動画の細かいポイントの編集作業でも問題なく使えます。

Apple Pencilと比べても、遅延することなくスムーズに書け違和感なし!

しかし、書く時にペンの筆圧に対する動作は対応していません。

Apple Pencil第2世代のように、ペンをダブルタップしてツールを切り替える機能もありません。

2020年後期に発売されたスタイラスペンには、傾きの動作に対応する製品が登場しました。

🔴デメリット

  • ペンシルの圧力、傾き感知 (一部除く) には対応していない。
  • Apple Pencil 2のダブルタップ機能が無い。
  • バッテリーの残量が分からない。
  • IPad Air 4・Proに限り、マグネット装着の際に充電ができない。

🔵メリット

  • 値段が安い!
  • ペアリングの必要が無い
  • Apple Pencil第1、第2世代のどちらの対応機種にも使える。
  • 1本で複数のiPadに使える。
  • マグネット内蔵で、iPad Air 4・Proに取り付けできるモデルがある。
iPad対応のスタイラスペン

参考までに、iPad mini 5、iPad Air 3、iPad Air 4の全3機種に、たった1本のスタイラスペンで使うことができました。

Apple pencilならば、機種を変える度にペアリングする必要があり、iPad Air 4には第2世代のペンシルが必要となるのです。

こんな方にスタイラスペンがオススメ!

  • 安いペンシルを使いたい!
  • 筆圧やダブルタップ機能は必要ない。
  • Apple Pencil対応のiPadを複数持っているが、1本のペンシルだけで使いたい。
  • 第1世代対応のiPadモデルから、第2世代対応モデルに買い替えた際に、同じペンシルで使える。

最後に

価格が安い互換ペンシルは、純正品と比べると機能面で劣る部分がありますが、全く使えないという事ではありません。

逆に言い換えれば、普通に使っている分には安い互換ペンシルでも、十分に機能するということです。


スポンサーリンク

-IT-電子機器

error: Content is protected !!

Copyright© Arto Explore , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.