IT-電子機器

iPadと外部ストレージをワイヤレスでデータ転送できる方法!

更新日:

iPadの外部ストレージ

iPad 内部のストレージ不足の対策として、外部ストレージにワイヤレスでデータが転送できて、しかも高くないデバイスで大量のデータが保存できる、便利な方法を紹介します。

スポンサーリンク

データ送信の流れ・接続方法

iPad の外部ストレージには、様々なデバイスや接続方法があります。

【これからお伝えする方法は、あまり知られていないかと思います。】

iPad Pro ならば外部ストレージを直接繋いで、データ転送ができる場合もありますが、皆がこの機種を持っているわけではありませんね。

そこで、この記事でお伝えする方法とは、直接 iPad に外部ストレージを接続しないで、ワイヤレス (WiFi) でデータ転送を行います

外部ストレージには大量のメモリーが保存できる、ハードディスク「WD Elements」を使用。

しかし、このハードディスクだけでは作動しないので、他に必要となるのが「RavPower FileHub」という、多機能型ワイヤレス・カードリーダー!

イメージとしては、下の図のようになります。

ストレージとiPadの接続

ハードディスクとRavPower FileHubをUSBケーブルで接続して、iPad とワイヤレスでデータ転送。

iPad に Lightning-USB ケーブルや電源の接続も必要ないので、ケーブルでゴチャゴチャしません。

ハードディスク (HDD) を選ぶ理由には、SSD に比べると値段が安いという利点があります。

しかし、衝撃には弱いので落としたり、ぶつけたりしない様に気をつけないといけません。

用意するもの

RAVPOWE, FileHub (PR-WD009)

【多機能型ワイヤレス・カードリーダ】

RavPower

※Amazonは価格が変動します。

WD Elements Portable

【ハードディスク (HDD)】

WDエレメント

※国によって販売するモデルは異なりますが、500GB から最大で 5TB まであります。

【参考】同じ容量の SSD で、SAMSUNG Potable T5 1TB なら、アマゾンで¥21,000円ほどする価格です。 

RAV FileHub アプリ

iPad に「RAV FileHub」の無料アプリをダウンロードして、データ転送を行います。

RAV FileHub

RAV FileHub

Shenzhen NearbyExpress Technology Development Company Limited無料posted withアプリーチ

この記事では、iPad を取り上げていますが、スマートフォン (iPhone / Android) にも対応していて、操作方法は同じです。

スポンサーリンク

デバイスの操作方法

① FileHubとWD Elementsを接続

デバイスの接続

WD Elements に備え付きの USB 3.0 - 2.0 ケーブルで、FileHubと接続。

② FileHub の電源をオン

ラブパワーのスイッチ

デバイスの横にあるボタンを2秒間押すと電源がオン。

電源のインジゲーター

電源がオンの状態になると、一番右側のインジゲーターが点灯。

③ WiFi をオンにする

wifiをオン

次に電源ボタンを5秒間押し続けると、WiFiのインジゲーターが点滅して数秒経つと点灯状態になります。

※インジゲーターが点灯状態になってから、アクセスができます。

電源オフの状態からボタンを5秒間押し続けても、WiFi がオンになります。

④ データ通信の設定・切り替え

モードの切り替え

側面にある「2.4G/5G」のボタンを3秒間押します。

5Gの設定

すると5Gの設定 (5Gのインジゲーターが点灯) になり、より早くデータの転送ができます。

wifiのインジゲーター

再び「2.4G/5G」のボタンを3秒間押すと、WiFi と 5G のインジゲーターが点灯して、2.4GHz と 5GHz の相互モードに変換。

  • 2.4GHz → 5GHz → 2.4GHzと5GHz

このように、ボタンを長押しすることでモードが循環します。

これで、FileHub の準備は完了しました。

※RAVPOWER FileHub には、SDカードの読み取りや、モバイルバッテリーなどの多機能な面がありますが、詳しくは別の機会に解説したいと思います。

アプリの設定方法

① WiFiの設定

デバイス (PAVPOWER) の WiFi を設定するには、iPad の「設定」から操作します。

アプリのWifi設定
  • iPad の「設定」メニューから「Wi-Fi」をタップ
  • ネットワークの中から「RAV-FileHub-5G-F52C」を選択
    ※2.4GHz モードの場合は「RAV-FileHub-2G-F52C」と表示

はじめて使う場合には、パスワードが問われるので「11111111」と、数字の ”1” を8回入力。

次にアプリを開きます。

通知送信の許可

RAV FileHub アプリを開いたら、まず最初に出てくるメッセージの通知送信「許可」をタップ。

次に、RAV-FileHub-F52C を確認して「OK」をタップ。

WiFiネットワークを確認

接続が完了すると、アプリの画面にデータの容量が表示されます。

デバイスとの接続で容量の表示

画面左上の数値がハードディスク本体の容量で、右上の数値がメモリーの残量です。

(ここでは、1TB のハードディスクを使用しています)

これで、iPad と FileHub との接続が完了です。

② 言語の設定 (日本語にする場合)

アプリの設定

アプリの画面右上にある歯車のマークをタップして、設定を行います。

アプリの言語設定

「Language」をタップして、「日本語」を選択。

データの転送方法

iPad から外部ストレージにデータ転送

①「ファイル管理」をタップ

ファイルの管理

※WiFi が接続された状態で操作を行います。

② 画面右下にある「iPad」をタップ

データ転送でiPadを選択

③ フォルダーの選択

フォルダーのiPadを選択

映像は「iPad Photos」にあるので、 そのフォルダーをタップ。

映像のフォルダーを選択

すると、iPad 内のフォルダーが表示されますが、写真は「最近の項目」にあります。

※もし、フォルダーごと全て転送する場合は、画面右上の「複数選択」をタップしてから、フォルダーが選べます。

④ 転送したい映像の選択

写真の選択

これで、iPad 内にある写真が表示されました。次に、画面右上の「複数選択」をタップして、転送したい映像を選びます。

コピーする写真を選択

転送したい映像を選んだら、画面左下の「コピー」をタップ。

⑤ 転送先のフォルダーを作成・選択

フォルダーの新規作成

新たにフォルダーを作成する場合は、画面左下の「フォルダー新規作成」をタップします。

新規フォルダーの名前を作成

ここに、フォルダー名を入力して「OK」をタップすれば、新しいフォルダーができます。

⑥ 転送先のフォルダーに貼り付け

フォルダーの選択と貼り付け

ここでは、「Delft」という新規フォルダーを作成したので、そこに転送することにします。

転送先のフォルダー「Delft」を選んでから、画面右下の「貼り付け」をタップ。

これでデータが転送され、ipad の映像がハードディスクに保存されました。

フォルダーのアイコン表示を変更

フォルダーのアイコン

フォルダーの画面で、左上の部分をタップすると、ファイルのアイコンの表示が「リスト」「サムネイル」と変換できます。

フォルダーのアイコン変更

「サムネイル」を選択して、変換。

リストとサムネイルの変換

こちらが、フォルダーのサムネイル表示です。

サムネイル表示にすることによって、ファイルの映像がちょっとだけ大きく見られます。

外部ストレージからiPadにデータ転送

この項目では、外部ストレージに保存したデータを、iPadに転送します。

①「ファイル管理」をタップ

ファイルの管理

② 画面左下の「RAV FileHub」をタップ

ファイルハブの選択

※ここでは、フォルダーを「サムネイル」表示にしています。

フォルダーを丸ごと転送したい場合は、画面右上の「複数選択」をタップして、転送したいフォルダーを選びます。

③ 映像の選択

転送する映像の選択

画面右上の「複数選択」をタップして、転送したい映像を個別に選べます。

映像を選んでコピー

映像を選んだら、画面左下の「コピー」をタップ。

④ 転送先フォルダーの選択

ipadフォルダーの選択

データの転送先は「iPad Photos」のフォルダーを選択。

転送映像の貼り付け

そのまま「貼り付け」をタップすれば、映像が iPad の写真アプリに転送されます。

もし、新規にフォルダーを作成する場合は、前にお伝えしたように「フォルダー新規作成」をタップして作成します。

これで、外部ストレージから iPad に映像の転送が完了です。

まとめ

たくさんの写真や動画を全て iPad に保存しておくには、内部ストレージに限りがあります。

しかし、ここでお伝えしてきた方法ならば、安いデバイスで、しかもワイヤレスでデータが転送でき、大切な映像を大量に保存しておくことができます。

  • 安いデバイスで大量のデータを保存
  • ワイヤレスでデータ転送ができる
  • iPad や スマートフォンにも共通して使える

Google Photos や iCloud などのオンライン・ストレージに、映像を保存する方法もありますが、映像が圧縮されてしまったり、ストレージの使用料金を払い続ける必要がありますね。

もし、iPad の外部ストレージを探しているのでしたら、この方法を参考にしてみてください。

スポンサーリンク

-IT-電子機器

error: Content is protected !!

Copyright© Arto Explore , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.