電子機器

【Apple Pencil】第1世代ペンシルの設定方法!iPadに便利

投稿日:

アップルペンシル

2015年11月に登場したApple Pencil (アップル・ペンシル)。

当初はiPad Proだけの対応でしたが、今では他のモデルにも使えるようになっています。

スクリーン上で紙に書くようなことができ、指先では難しい細かいピンポイント作業も可能で、特にクリエイターには必要不可欠なものです。

ここでは、はじめてペンシルを使う際の設定方法について、簡単に解説していきます。

スポンサーリンク

Apple Pencilの種類

ペンシル第一世代

Apple Pencil 1

まずはじめに、Apple Pencilには2種類あるので買い間違えしないように、使えるiPadのモデルを知っておく必要があります。

🔵 Pencil 第1世代の対応機種

  • iPad 第6、第7世代
  • iPad Air 3
  • iPad mini 5
  • iPad Pro 10.5インチ
  • Pro 9.7インチ
  • Pro 12.9インチ 第1、第2世代

第1世代のペンシルは、キャップを取り外して充電とペアリングを行います。

税込標準価格:¥11,880 / (オランダ €99)

🔵 Pencil 第2世代の対応機種

  • iPad Pro 11インチ 第1、第2世代
  • iPad Pro 12.9インチ 第3、第4世代

第2世代では、iPadの横に磁力で取り付けると、充電とペアリングが行われます。

税込標準価格:¥15,950 / (オランダ €135)

◾️アップル公式サイト (Apple Pencil)
🌐 www.apple.com/jp/apple-pencil

スポンサーリンク

ペアリングの方法 (接続の認識)

Apple Pencil (第1世代) と iPadをペアリングさせます。

ペンシルのキャップを取り外し、 iPadのLightning コネクタに差し込む

ペンシルの充電

「ペアリング」をタップ

ペンシルのペアリング

以上で完了です。

第2世代のPencilでは、iPadの側面に装着すると画面にメッセージが表示されるので、 「接続」→「続ける」→「完了」とタップ。 

ペアリングされない場合 (第1世代)

電池切れや他のiPadに接続した後では、認識が解除されてしまいます。

その場合は次の方法で操作します。

  1. iPad Pencil をLightning コネクタに差し込む
  2. ホーム画面の「設定」をタップ
  3. Bluetooth → オン
ブルートゥースをオン

Bluetooth下に「Apple Pencil」が表示され、すでに接続したことがあれば、右側に「接続済み」と表示。

※充電の残量がない場合は「ペアリング」が表示されないので、Pencilを1分以上充電してから再度接続してみます。

私の例ですが、iPad Air3 とmini5 を1本のペンシルで共有して使っているので、デバイスを変える毎にペアリングを行っています。

Pencilの充電方法

第1世代のペンシルでは、2通りの方法で充電ができます。

ペンシルとアダプター
  • iPadのLightningコネクタに直接差し込む
  • Pencilに付属してあるアダプターを使って、Lightningケーブルに接続

iPadに直接差し込む方法は、ぶつからないように気をつけないと接続部でペンシルが破損するリスクがあるので、Lightningケーブルに接続するが無難でしょう。

第2世代のPencilでは、iPadの側面に取り付けるだけで自動に充電されます。

Pencil充電の残量を知る方法

ペンシルの充電表示

Ipad Pencil の充電残量は、ホーム画面のウィジェットで見ることができます。

まずは、その設定方法から説明していきます。

スクリーンの上から下にスワイプ

ホーム画面であれば、左から右にスワイプ →

画面をスワイプ

スクリーンの左から右にスワイプ

ウィジェットが表示され、一番下の「編集」をタップ

ウィジェットの表示

ウィジェットのメニューから「バッテリー」をタップ

バッテリーを選択

ウィジェットに「バッテリー」が新たに追加されます。(画像)

右上の「完了」をタップ

セッティングの完了

これで、セッティングが完了しました。

次にペンシルの充電残量を見る手順です。

  1. スクリーンの上から下にスワイプホーム (画面1ページ目でない場合)
  2. 左から右にスワイプ
  3. ウィジェット (左側) に、iPadと共にバッテリー残量が表示

Dockを多く設定して見る方法

ウィジェットの表示2

Dockを「多く」に設定すれば、Dock (アプリのアイコン)を表示したままウィジェットが表れます。(横向きの場合)

「設定」→「ホーム画面とDock」→「多く」の順にタップ。

ペンシルを使う目的

ペンシルの必要性

Pencilが必要か不要かは、iPadをどのような目的で使うかによって異なってくるでしょう。

🔵 ペンシルがあると便利、または必要となる使い方

  • 文字を書いたりイラストを描く
  • 画像の編集 (写真や動画)

小さい文字やイラストの細かい部分を指先で描くには限界があり、作業効率も良いとは言えません。

動画編集でも、細かい部分をピンポイントでタップするには、ペンシルが必要不可欠です。

🔵 ペンシルが必要ではない場合

  • 動画を見る
  • インターネットでブラウザ
  • メール・メッセージの閲覧
  • SNSの投稿
  • ゲーム (必要なゲームアプリも有)
  • オンラインチャット、など

簡単なメモの使い方

最後に、とっさの場合にも役立つ簡単なメモの使い方をお伝えします。

ロックスクリーン状態で、ペンシルを一度画面にタップするとメモのアプリが開き、とても簡単にメモがとれます。

iPadのクイックメモ

ただし、この機能を使う場合には設定をしておく必要があります。(デフォルトで設定されているiPadもあります)

🔵 設定の手順

メモの設定

「設定」→「メモ」→「ロック画面からメモにアクセス」

次に「常に新規のメモを作成」または「最後のメモを再開」を選びます。

最後に

Apple Pencilは周辺機器としては安くないですが、持っていると便利なのは間違いありません。

デザインやノート書きなどのアプリもたくさんあるので、仕事や趣味でもペンシルの特徴が発揮できることでしょう。

関連記事 iPad mini5は持ち運びに便利で処理速度が速い!

関連記事 iPadのホームボタンを使わない代わりの方法【壊れた時にも対処】

スポンサーリンク

-電子機器

error: Content is protected !!

Copyright© Arto Explore , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.