オランダ情報

オランダのイメージ

更新日:

オランダのイメージ

オランダと言えば、風車、チューリップ、チーズなどのイメージが思い浮かぶのではないでしょうか!

そのほかにも有名なものとして、運河や自転車もあげられます。

そして、何と言ってもオランダ象徴の都市「アムステルダム」は、忘れられませんね!

オランダはスポーツも大変盛んで、特にサッカーとスピードスケートには、熱烈なファンがたくさんいます。

ほかにも自転車競技やホッケー、水泳、モータースポーツのF-1にも人気があり、それぞれのスポーツにおいてオランダは素晴らしい結果をもたらしてます。

スポンサーリンク

風車

オランダの風車・ザーンセスカンス
ザーンセスカンス

オランダの風車は、今現在1000以上存在しており各地で見かけることができます。

実際に稼働してるのもあれば、博物館として利用され観光スポットとなってるのもあります。

風車がたくさん見られる場所としては、世界遺産にも登録されてるキンデルダイク (Kinderdijk)、アムステルダムからも近い風車村ザーンセ・スカンス (Zaanse Schans)。

そして、世界一高い風車があるスキーダム (Schiedam) という街が挙げられます。

スポンサーリンク

チューリップ

オランダのチューリップ

チューリップもオランダのイメージのひとつですね!

でも、残念ながら一年中咲いてるわけではありません。

チューリップは、4月中旬から下旬が見ごろです。

キューケンホフ (Keukenhof) という世界でも最大規模の花の公園が、春の時期になると開園します。

開園期間は、毎年3月下旬から5月上旬ですので、チューリップを見るのでしたら、この時期に合わせて訪れるのがオススメです!

関連記事オランダ・チューリップの見頃の時期と場所

チーズ

オランダのチーズ

オランダはチーズ王国でもあり国内の需要に加えて、生産されたチーズの約3分の2を輸出しており、その量は世界においても大規模です!

ゴーダチーズ、エダムチーズが有名なブランドですが、そのほかにも10種類以上の銘柄のチーズがオランダで生産されてます。

ゴーダ「Gouda」、エダム「Edam」、そして、アルクマール「Alkmaar」の街ではチーズ市場も一般に公開され、人気のある観光スポットとなってます。

チーズの街アルクマールの必見スポット7選!

関連記事チーズの街アルクマールの必見スポット7選!

自転車

オランダの自転車

自転車大国オランダにおいて、自転車は日常生活の一つとなってます。

通勤、通学、また街の郊外をサイクリングしたり、スポーツとしてもたくさん利用されています。

オランダでは、たくさんの人がサイクリングを楽しんでおり、近年、電気自転車の普及により、特に年配の方には体への負担が少なく、長時間のサイクリングが楽しめるようになっています。

 

オランダのほとんどの自転車専用道路は自動車道と分けられてるので、走行するにはとても走りやすい環境です。

困った事と言えば、自転車大国である反面、盗難がたくさん発生しているのも現状です。

関連記事オランダでの自転車走行

オランダ人

皆さんは、オランダ人のイメージをどのように思っているでしょうか?

私の長年による経験ですが、オランダ人は親しみやすくとてもフレンドリーで、見ず知らずの人に気軽に話しかけることがよくあります。

目が合うと気軽に挨拶もしてきます。

『ハロー!』 (Hallo)

 

また、とても陽気でいつでも冗談を口にします。

たまに、度が過ぎることもありますが…. (笑)

オランダの人達は、とても親切でもあります!

例えば、ドアを開けてお店や建物を出入りするとき、後から別の人が来る場合は、ほとんどの人が開けたドアを保持して、次の人が来るのを待ってあげてます。

この行為は「必ずしなさい」ということではなく、オランダ人が生活の中で自然とする行為です。

私もオランダに来てから同じことをするようになり、今ではごく普通の行為です。おそらく日本においては、あまり想像もつかないことでしょう。

※くれぐれも全ての人がその様ではありませんので、一言追加しておきます!

また、オランダ人は世界で一番背が高い国民でもあります。

参考までに、世界上位の平均身長を表記しておきますね。

1位、オランダ 1.838m
2位、モンテネグロ 1.832m
3位、デンマーク 1.826m
4位、ノルウェー 1.824m
5位、セルビア 1.82m

(2017年のデータです)

言葉

オランダでは、もちろんオランダ語が使われてますが、ほとんどの人が英語も話せるので、海外から観光や仕事で訪れる人にとって、困ることはそんなにありません。

例えば、観光地のレストランやカフェなどでは、オランダ語のメニューに加えて英語も表記されてます。

それ以外の場所では、ほとんどがオランダ語表記のみですが、お店によっては、英語のメニューを別に所持してる場合もあるので、店舗のスタッフに聞いてみましょう。

その他では、観光地などで道に迷っても、案内してくれたりとても親切です。

主な観光スポットや都市では、最初から英語で対応もしてくれてます。

最後に

オランダは、日本の九州ほどの大きさしかない小さな国ですが、風車やチューリップ、チーズなどの他にも特有な物がたくさんあり、とても魅力的な国です。

ぜひ一度、オランダの土地や人々、文化などに触れてみてはいかがでしょうか!

スポンサーリンク

-オランダ情報

error: Content is protected !!

Copyright© Arto Explore , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.