IT-電子機器

【実践編】iPad Airでワードプレスの編集をしてみた!

更新日:

iPadでワードプレス

ワードプレスで記事を編集するのに、大抵の場合はノートブックなどのパソコンを使っている事だと思います。

iPad でも編集できるようですが情報を調べてみると、ほとんどの場合は iPad Pro を使ってのこと。

『果たして iPad Pro 以外でも、ワードプレスの編集ができるのか...?』

という疑問があったので、私は iPad Air-3 を持っていることもあり、実際にワードプレスの編集を行なってみました。

結果は、問題なく編集が出来ました

という事で、 iPad で実際に記事を執筆した過程をお伝えしていきます。

参考までに、この記事自体も iPad Air を使っての編集です。

スポンサーリンク

iPad Air でワードプレスの編集

ワードプレス の画面

今回、iPad でワードプレスの編集をするのに、専用のアプリを使わずに「Safari」で記事を執筆しました。

その理由には、私は普段 MacBook を使っているので、iPad でも同じように操作ができるというのが目的。

iPad Air で記事を編集した条件は、次の通りです。

  • WordPress のウエブページは Safari を使用
  • 文字入力は画面のキーボード
  • Apple Pencil も活用
  • 編集はブロックエディターを使用

まずは、パソコンと同じようにワードプレスのログイン画面から、ユーザー名とパスワードを入力して記事を執筆していきます。

スポンサーリンク

キーボードで文字の入力

編集はブロックエディターですが、文章の入力は従来のクラシック WordPress エディターを使っています。

そして、文字の入力は画面に表示されるキーボードだけを使用。

通常のキーボード画面

ただし、画面表示のキーボードを使うと、スクリーンの下半分がキーボードで埋まってしまいます。

(外付けキーボードがあれば、画面を隠すことはありません)

そこで、フローティング機能を使えばキーボードが小さくなり、おまけに好きな位置に移動ができます。

キーボードをフローティングに変換する方法

  1. キーボード画面の右下にある「キーボード」のアイコンを長押し
  2. 「フローティング」と表示された場所に指をスライド
  3. キーボードが小さく変換

もしくは、キーボードの上でピッチイン (2本の指を狭める動作)。

キーボードの位置を動かすには、「空白」の下にあるマークを押さえながら移動。

フローティングから元の大きさに戻すには、キーボード上でピッチアウト (指2本を中央から外側に広げる動作)。

画像の挿入

MacBook と同じように、iPad には備え付けの「写真アプリ」(Photos) があります。

ブロックエディターの「画像」からアップロードをタップして、「フォトライブラリー」(Photo Librar) の中にある写真を挿入。

ただし、スマホやカメラで撮影した画像をそのまま挿入すると、データ量がとても大きいので、圧縮してから記事に挿入しています。

  • 画像のデータ量が大きい = ページの表示速度が遅くなる

画像の圧縮には、さまざまなオンラインサイトやアプリがありますが、私が使っているのは「Photo Compress」というアプリ。

Photo compress

Photo compress

Brachmann Online Marketing GmbH & Co. KG無料posted withアプリーチ

近年、スマホのカメラもかなりの高画素になり、写真データも軽く5MBを超えてしまいます。

このアプリを使えば、極端ですが 100KB 以下にも簡単にできます。

ちなみに、見出しで使っているこの画像は 150KB ですが、元のサイズは9.3MB。

iPadでワードプレス

かなりのデータ量を圧縮しても、見た目は損なわれないのが、このアプリの特徴です。

ブロックエディターのブロックを追加

iPad のブロックエディターで、ブロック追加のアイコンを表示させるのが困難な場合があります。

ブロックのアイコン表示

ブロックを追加するには、ブロック下側の真ん中辺りをタップすれば + が表示されるのですが...

ブロックの追加

もし表示できない場合は、別の方法としてパソコンと同じように、画面左上の + をタップして追加したいブロックを選びます。

Apple Pencil や Magic Mouse があると便利!

全ての編集は指先だけで出来ます。

しかし、細かい部分の操作はペンシル (Pencil) があるとより効率的。

例えですが、文字の装飾などを選ぶ時に、指先ではスクリーンに触れる面積が大きくなり、なかなかピンポイントでタッチするのが難しい場合があります。

ペンシルで編集

実際に編集してみて体感したことは、アップルペンシルがあると、とても簡単にピンポイント操作ができます!

マジックマウスも iPad で使ってみましたが、MacBook の操作と同じように画面をスクロールできたり、文章のコピペも指先での操作より素早く簡単にできました。

もし、マジックマウスを MacBook で使っているのでしたら、iPad にも活用できますね。

おわりに

iPad Air-3 を使って、実際に記事の編集を行ってみましたが、特に問題はありませんでした。

MacBook や PC でワードプレスの編集経験があれば、iPad でも同じように操作ができるので、戸惑うことはないでしょう。

ただし、使い慣れるまでチョットだけ時間がかかると思いますが...

外付けのキーボードやペンシル、マウスなどもあれば便利ですが、結論としては iPad だけでの編集も可能です。

iPad なら軽くて持ち運びに便利という利点があるので、出かけ先で iPad を使って下書きをして、後にパソコンで編集するという使い方もできますね!

参考までに、iPad mini-5 でも編集してみましたが、さすがに画面が小さいので目が疲れてしまうのがチョット難点。

しかしながら、編集すること自体に問題はありません。

ということで、iPad (Pro 以外) でのワードプレス編集をお伝えしました。

スポンサーリンク

-IT-電子機器

error: Content is protected !!

Copyright© Arto Explore , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.