オランダ情報

ミッフィー誕生65周年とコロナ禍でのユトレヒト街の様子

更新日:

ミッフィーの展示会

今年 (2020年) はコロナ禍の影響がある中、6月21日にはミッフィー誕生65周年を迎えました。

新型コロナウイルスの感染予防対策措置も、段階的に緩和されてきており、街ではだいぶ活気が戻ってきています。

今回の記事ではオランダ・ユトレヒトの街を取り上げ、コロナ禍の中における6月の状況をお伝えしたいと思います。

  • 記事前半:ミッフィー誕生65周年
  • 記事後半:コロナ禍での街の様子
スポンサーリンク

2020年6月21日はミッフィー誕生65周年!

6月21日といえばミッフィーが誕生した日で、2020年で65周年を迎えました!

ユトレヒトの街では、特にミッフィーのイベントなどは行われませんでしたが、市内のセントラル・ミュージアムでは、特別展示会が開かれています。

  • 開催期間:2020年6月20日~9月20日
  • 開催場所:ユトレヒト、セントラル・ミュージアム (展示室10番)

※現在、セントラル・ミュージアムの入場には、事前にオンラインでチケットの予約が必要です。なお、ミュージアムについては こちらの記事 でお伝えしています。

この特別展は国際的なファッション・アカデミーの学生達によって、ミッフィーのぬいぐるみに装いをデザインしたものを86点展示しています。

お洒落なものから斬新なデザインまで、さまざまなミッフィーが見られます。

それはともかく、ミッフィーは何を着ても似合いますね!

スポンサーリンク

ミッフィー広場では?

6月のミッフィー広場

ユトレヒト市内の一角にある、ミッフィー広場 (Nijntje pleintje) にも行ってみました。

私が訪れた時には、特に変わった様子はありませんでしたが、しばらくすると広場沿いに住んでいる地元の住人が現れ、ミッフィーの彫刻に何やら取りつけはじめました。

ミッフィー広場の彫刻

すると、目には「Happy Birthday」ロゴのメガネ。

口 (鼻?) にはストロー笛が!

そして、住人は『今日はミッフィー65回目の誕生日だよ!』と伝えました。

オランダ人らしいユーモアですが、メガネが目に刺さっているのが何とも言えないです…!(笑)

位置的にちょうど良いのでしょうね!

もしかするとこの住人の方、毎年ミッフィーの誕生日に飾り付けをしているかもしれませんね!?

関連記事 ガイドブックにも載ってない、オランダのミッフィーおすすめスポット!

ユトレヒト・街の様子

ユトレヒト運河沿いのテラス

オランダでもロックダウンの措置が取られていましたが、6月になってから飲食店が再オープンしています。

運河では、ボートでクルージングする人も見かけられました!

飲食店では営業が再開したとはいえ、まだ規制措置は取られています。

  • 入店の際には、ハンドジェルで消毒
  • 店内での食事には、人数制限 (最大30人) があり予約が必要
  • テラス席の予約は不要だが、密集しないようにテーブルの間隔が空けられたり、座る場所が指定される

しかし、テラスで食事ができるようになると、やはり開放感があるのでしょう、みな楽しそうに会話する様子が伺えました。

ユトレヒトの通り

街には活気が戻り人出も増えていますが、まだまだコロナ禍以前ほどの混雑ではありません。

というのもショッピング街では店舗の入場に制限があるのと、観光客もまだまだ少なく、地元の人たちで賑わっているという感じです。

路上のアイスクリーム屋

しかしながら、路上では屋台もオープンしていて、アイスクリーム店では行列も!

ちょうどこの日は、20度を超える陽気だったのでアイスクリームは大人気です。

写真を見て分かるようにコロナウイルス感染対策で、他人同士の間隔を開けて待っている様子が伺えますね。

自転車とユトレヒトの運河

それはさておき、毎年この時期になると、街の至る所にはゼラニウムの花がたくさん咲いています。

街灯の花
街路にあるフェルメールの絵

運河に架る橋や街灯、建物の壁にも飾られ、街がとても華やかに見えます。

ユトレヒトの運河

木々の緑も濃くなり、色のコントラストが鮮やかで、街中でも夏の雰囲気を感じられますね。

7月1日から更に規制緩和!

オランダでは、3月にコロナウイルス感染予防措置で、ロックダウンになっていましたが、段階的に規制の緩和も行われています。

そして、7月1日からは更なる規制緩和が予定されています。

これにより、ショッピング街や飲食店、文化施設 (ミュージアム、映画、館劇場) などでも、より一層の利用客が増えることでしょう。

オランダでのコロナウイルス感染予防措置については、こちらの記事で詳しくお伝えしています。

参考記事 オランダでの新型コロナウイルスの状況と感染予防措置

最後に

今回はユトレヒトの街をピックアップしましたが、他の都市でも同じようにロックダウンでの規制措置が緩和され、街には人々が戻ってきています。

しかし、ミュージアムでは時間帯での入場制限があるために、事前にオンラインでチケットを予約する必要があります。

7月からは更に規制が緩和されますが、「人との距離を1.5m保つ」という措置は今後もしばらくは続けられます。

その他にも気をつける事として、

  • 手を頻繁によく洗う
  • 咳やくしゃみは肘の中でする
  • 鼻をかむのはティッシュペーパーを使用して、捨てる。
  • 握手はしないように
  • 混雑を避ける

徐々に生活が徐々に戻りつつありますが、新型コロナウイルスが存在している限り、油断はできませんね!

スポンサーリンク

-オランダ情報

error: Content is protected !!

Copyright© Arto Explore , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.