オランダの鉄道

使い方簡単!切符の代わりになるオランダの【OV-chipkaart】を解説

更新日:

OVチップカード

オランダの公共交通機関を利用するのに、切符の代わりになる専用のカード「オーフェー・チップカールト」

OV-chipkaart

英語読みでは「オーヴェー・チップカード (OV-chip card)」

このカードは日本の Suica をイメージしてもらえれば、分かりやすいでしょう!

お店などでの買い物には使えませんが、オランダ国内の鉄道と地下鉄やトラム、バスにも利用することができるのです。

その OV-chipkaart について、購入方法から使い方までを解説します。

※2020年7月2日 更新

スポンサーリンク

OV-chipkaartとは?

切符の代わりになる「OVチップカード」には、NFC (近距離無線通信) のチップが埋め込まれていて、カードのチャージ (入金) と交通機関の利用情報が記録されるようになっています。

使い方は、カードにクレジットを入金しておけば、いつでも、どこでも簡単に使うことができます。

※Suicaと違う点は、乗り物にしか使用できません。

利用できる交通機関は、オランダ国内の鉄道 (NS)、私鉄、地下鉄、トラム、バス、フェリーに対応!

🔵 利点

  • 交通機関を利用する度に、切符を買う必要がない
  • 一回使い切りの乗車券より割安
  • オランダの公共交通機関全てに対応 (鉄道・地下鉄・トラム・バス)
  • トラム・バスの車内でチケットを買うときに、現金に対応していない場合や、手持ちのデビットカード/クレジットカードが使えなくても安心

🔵 欠点

  • カード代金に €7.5ユーロかかってしまう
  • 短期間の旅行で、利用頻度が少ないと無駄になってしまう
  • 常に最低額をチャージしておかなければならない
  • 有効期間は5年

🔵 カードにチャージする最低額

  • 鉄道 (NS):€20ユーロ
  • 地下鉄・トラム・バス:€4ユーロ
  • 一部の交通機関では、 €8〜10ユーロが必要

OVチップカードはプリペイド式なので、あらかじめクレジットを入金しておかなければ使用できません

◼️参考までに、オランダの切符とは?

OV-chipkaart だけでなく、普通の乗車券にもチップが埋め込まれているので、運賃に加え紙代金として €1ユーロが加算されます。

つまり、乗車券を10回買うと運賃以外に €10ユーロ支払う事になりますが、OVチップカードがあれば、カード代金 €7.5ユーロで済みます!

スポンサーリンク

カードの種類

OV-chipkaart には、3つの種類があります。

  • Personal OV-chipkaart
    個人用カード(オランダ在住者に便利)
  • Anonymous OV-chipkaart
    無記名カード(旅行者でも使える)
  • Business OV-chipkaart
    ビジネスカード(オランダの個人事業主、企業で利用できる)

Personal OV-chipkaart (個人専用カード)

OVチップカード個人用

オランダに住んでいるのでしたら、インターネットを通じて個人情報と顔写真を登録すれば、個人専用のカードとして使えます。

申込みする際には、オランダの銀行アカウント (iDeal)、または、PayPal でも支払いが可能。

※PayPal は、オランダ、ベルギー、ルクセンブルグ、ドイツに住所のある方。

◾️申し込みは、こちらのウエブサイトから。
www.ov-chipkaart.nl/purchase-an-ov-chipkaart/

個人専用カードには、顔写真、個人名、生年月日、カード番号、使用期限が表示されます。

なお、このカードでは割引の申込金を払うことによって、週末の割引や固定ルートの割引、月毎や年間の割引にも対応しています。

Anonymous OV-chipkaart (無記名カード)

匿名のOVチップカード

出典:ov-chipkaart-kopen.nl

オランダの銀行アカウントが無くても、誰でも買うことができるのが、この青色の無記名カード。

短期間の滞在や観光などで頻繁に交通機関を利用するのでしたら、毎回乗車券を買う手間が省けるのでオススメです。

購入場所は、駅の窓口や自動券売機、それ以外にもタバコ/文房具店 (Primera)、一部のスーパーマーケットでも買うことができます。

個人専用カード (Personal OV-chipkaart) とは異なり、割引には対応していません。

カードには使用期限とカード番号のみを記載。個人情報はないので同じカードを誰にでも使えます。

Business OV-chipkaart (ビジネスカード)

OVチップカードビジネス

こちらは、個人事業主・企業向けのカード。

一般用のカードとは異なり、申し込み費用はかからず、あらかじめ入金しておく必要もいりません。

利用した分だけ翌月に精算する仕組みで、請求書が送られてくるので経理の手続きにも役立ちます。

管理費なども発生しないので、利用しない月には請求がありません。

NS ビジネスカードの申し込みには、個人情報と企業の情報が必要。

カードには、個人名、会社名、カード番号が記載されます。

www.ns.nl/en/business/ns-business-card

券売機で無記名カードの購入方法を解説

駅の自動券売機

ここからは、オランダ鉄道 (NS) の駅にある自動券売機で、Anonymous OV-chipkaart の購入方法を解説します。 

使用するのは「青と黄色」の券売機で、操作方法は、画面をタッチして項目を選びます。

① 画面で[Other products]を選択

チップカードを買う券売機の画面

まずは、券売機のスクリーンで[Other products]をタッチ。

言語を変更する場合は、画面の左下で変えることができます。

[ 🇳🇱Nederlands 又は 🇬🇧English ] 

②[OV-chipkaart]を選択

画面でチップカードを選択

画面一番下の項目[Buy an OV-chipkaart]をタッチ。

③ カードの種類を選択

購入するカードの種類を選ぶ

ここでは、一番上の「Buy an OV-chipkaart]を選びます。

④ クレジットの金額を選択

クレジットの額を選択

OVチップカード購入時に、クレジットも一緒にチャージすることができます。

鉄道を利用するには、最低 €20ユーロをチャージしておく必要があるので、ここでは[Top up credit with €20,00]を選びます。

⑤ 支払方法を選択

決済方法を選択

デビットカード/クレジットカード、または現金 (硬貨のみ) どちらかの決済方法を選びます。

クレジットカードは、Visa、Mastercard が使えます。

この場合の合計金額は、€27.5ユーロ (カード代 €7.5ユーロ + €20ユーロのクレジット)。

⑥ 決済

決済するそれぞれの場所

タッチスクリーンの右側に、硬貨の投入口とカード決済の場所があります。

カードで決済する場合は、操作パネル (右側のキーボード) の画面に従い、

  1. カードを挿入
  2. 暗証番号を入力、そして[OK]を押す
  3. カードを取り除く

⑦ OVチップカードの発行

支払いが済むと、画面下の取り出し口から青色のカードが出てきます。

この例では、€20ユーロのクレジットをチャージしているので、そのまま使い始めることができます!

※オランダ鉄道 (NS) の券売機以外でカードを購入した場合は、カードの有効化をしなければ使用できません。

さらにクレジットをチャージする場合は、次の項目を参照してください

クレジットを入金(チャージ)する方法

この項目では、券売機を使ってクレジットをチャージする方法を解説します。

① OVチップカードを読み取り部に当てる

券売機のカード読み取りパネル

券売機の右下に、カードのデータを読み取る部分があるので、そこへ OVチップカードを当ててスキャンします。

※画面の言語表示は、操作中でも変えられます。

② チャージ[Charging]を選択

OVチップカードのチャージメニュー

カードをスキャンすると、画面の左上に現在の残金が表示されます。

ここでは、画面左上の[Charging current]をタッチして、クレジットをチャージします。

※カードの残高を知りたい場合にも、同じ方法で残金が分かります。

③ チャージする金額を選択

OVチップカード購入画面の項目

次に、 チャージする金額の一覧表が表示されるので、希望の入金額を選択。

左から2列目・上から2番目の[Top up credit to]は、€50ユーロ以上の金額をチャージする場合に選びます。

ここでは、€4ユーロをチャージしてみましょう!

④ 決済

支払い方法は、前項目【券売機でカードの購入方法を解説】の⑥で説明した操作と同じです。

⑤ カードをスキャン

カードをスキャンするメッセージ

支払いが完了すると、このメッセージが画面に表示されます。

読み取り機にカードをかざす

そうしたら、カードを再び読み取り部に当ててチャージを行います。

⑥ カードへのチャージ完了

OVチップカードへチャージ完了

カードにクレジットのチャージが完了すると、このように明細が表示され終了です。

カードの有効化とは?

無記名のOVチップカードを券売機以外で買った場合には、オランダ鉄道 (NS) の駅にある自動券売機で、カードを「有効化」する必要があります。

その方法とは、オランダ鉄道の自動券売機でクレジットを入金するだけ。

※有効化は、鉄道 (NS) を利用する場合のみ行います。

1等車を利用する場合には、券売機で操作をしなければなりませんが、一般的には2等車での利用者が多いので、その説明は省略します。

🔵 1等車・2等車とは何?

  • 1等車:ファーストクラス (座席間が広くゆったりできるが料金は割高)
  • 2等車:普通車 (通常料金)

カードの使い方

鉄道の駅では改札の出入りの際に、トラムやバスでは、車内にある専用の機械でカードをスキャンして、乗車・降車の情報をカードに記録します。

オランダ語ではインチェックアウトチェックという表現をしています。

  • インチェック (チェックイン):乗車
  • アウトチェック (チェックアウト):下車

それでは次に、OVチップカードのスキャン方法について解説します。

ゲート改札

駅のゲート付き改札

鉄道の駅には、このようなゲート付き改札が設置してあるので、赤い矢印で示した部分にカードを当てると扉が開きます。

地下鉄も、同じようなゲート付き改札が設置されています。

ゲート無し改札

OVチップカードをスキャンするパネル

駅によってはゲート改札が無く、カードを読み取るタッチパネルのポールだけの場合があります (スキポール空港はこの方式です)。

この場合、OVチップカードをパネルに当てスキャン (チェックイン・チェックアウト) することで、乗車記録をカードに読み込みます。

※改札が無いと、スキャンを忘れてしまうこともあるので気をつけましょう!

トラム、バスの場合

トラムのOVチップカード読み取り機

トラムとバスの場合、車両の扉のすぐ脇にカードの読み取り機が取り付けられてあります。

トラム、バスのカード読み取り機

乗り降りする度に、小さなスクリーンの下側にカードを当てて、チェックイン・チェックアウトを行います。

チェックイン・チェックアウトの確認

OVチップカードを読み取り部に当ててスキャンすると、画面に操作情報が表示されますが、音でも判断することもできます。

  • チェックイン:ポーと音が1回鳴る
  • チェックアウト:ポーポーと音が2回鳴る
  • カードが無効、入金不足、誤操作:[ピーポーピー]と音が3回鳴る

※カードが有効であるのにもかかわらず音が3回鳴った場合には、誤作動の可能性もあるので、数秒経ってから再びスキャンしてみましょう!

チェックアウトの際には、読み取り機の画面に残高が表示されるので、いくら残っているのかを見ておくといいでしょう!

車内での検札

オランダでは乗務員、または鉄道警察によって車内検札が行われています。

OVチップカードを持っていても、チェックインを忘れて乗車してしまうと違反の対象になり、罰金 (€50ユーロ) が科せられてしまいますので気をつけましょう!

運が良い場合には最寄りの駅に下されて、その駅でチェックインをするように指示されますが、何事も忘れないのが無難です。

チェックイン、チェックアウトを忘れた時の対処法

人は誰でも忘れてしまう事はあります。それ以外にも、機械が作動しない事もまれにあるので対処法を説明します。

チェックイン忘れ

🔵 トラム・バスの場合

車内のドア付近に読み取り機が設置されているので、気がついたら近くにあるカード読み取り機でスキャンしましょう。

🔵 鉄道の場合

改札の無い駅で忘れてしまいがちです!

近くに乗務員がいれば、チェックイン忘れを伝えますが、大抵の場合は気がついたら次の駅で降りて、カードを読み取り機でスキャンします。

ただし、駅がゲート改札の場合には、入り口側でスキャンをしなければなりません!

つまり、改札を通ることができないので、近くにいる人にカードを渡してスキャンしてもらえるように、お願いするしかないですね。

チェックアウト忘れ

チェックアウトを忘れた場合には、自動的にクレジットが差し引かれます。

  • 鉄道: €20ユーロ
  • トラム・バス: €4ユーロ

鉄道の場合のみですが、チェックインしてから6時間以内なら、近くの駅でカードをスキャン (チェックアウト) すれば問題になりません。

しかし、ゲート改札の場合には、出口側でカードをスキャンをしなければなりませんので、ゲートの近くにいる人に頼んでチェックアウトしてもらいましょう。

🔵 返金の申請

チェックアウトを忘れた場合、インターネットを通じて15日以内なら申請することができますが、返金まで数日かかってしまいます。

手続きが完了すると「ophaalautomaat」の券売機で、OVチップカードに返金分をチャージできます。

カードの払い戻し

カードの残額を払い戻し希望の場合は、残金が €30ユーロ以下であれば、駅の窓口で現金での返金が可能になります。

その際、カードは期限切れでない事と身分証明書が必要。

残金が €30ユーロを超える場合には、オランダの銀行振込になります。

まとめ

以上、OVチップカードについてお伝えしてきました。

たった1枚のカードで、オランダ国内全ての公共交通機関に対応しているので、ちょっとした旅行でも頻繁に乗り物を利用するのでしたら、1枚あったほうが便利です!

最後にもう一度繰り返しますが、くれぐれもチェックイン・チェックアウトを忘れずに!

参考記事 国際鉄道でオランダと周辺国を安いチケットで移動する方法

参考記事 オランダ鉄道の切符をスマホのアプリで購入する方法を解説!

スポンサーリンク

-オランダの鉄道

error: Content is protected !!

Copyright© Arto Explore , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.