オランダの鉄道

オランダの列車【インターシティダイレクト】について追加乗車料金も含めて解説!

更新日:

スキポール空港とロッテルダムを結ぶ列車

オランダの空の玄関口「スキポール空港」と、第二の都市「ロッテルダム」を30分弱で移動する列車「インターシティ・ダイレクト」

Intercity Direct

この列車は、高速鉄道の区間を経由して一般の路線より約半分の所要時間で移動するのですが、乗車券の他に追加料金 (2.6ユーロ) が必要で、知らずに乗ってしまうと割高になってしまいます。

はじめてインターシティ・ダイレクトの列車を利用するのにあたり、追加料金を含めた乗車チケットの買い方と、列車について解説していきます。

※表示する料金は2020年1月1日からのものです。

スポンサーリンク

インターシティ・ダイレクトとは?

インターシティ・ダイレクトとは、スキポール空港とロッテルダム間の高速路線を経由して、ノンストップで移動する列車です。

その所要時間は24〜27分で、この路線ができる前は50分程かかっていました。

つまり、移動時間が半分も節約できるのです。

列車は、アムステルダムから出発して途中スキポール空港に止まり、ロッテルダム、もしくはブレダ (Breda) の間を結んでいます。

ブリュッセル (ベルギー) とアムステルダム間を結んでいる国際列車も、一部を除いて高速路線を経由しているので、スキポール空港〜ロッテルダム〜ブレダ間は、インターシティ・ダイレクトとして運転しています。

ロッテルダム〜ブレダ間も高速路線を経由しますが、この後で説明する追加料金は必要いりません。

インターシティダイレクトの車内

インターシティダイレクトの2等車

使用されている車両は、日本の特急列車のような座席の配置になっていて、ゆったりと座れます。

車両によっては荷物置き場もあるので、そちらに収納することができますが、混雑していなければ、座席間においても特に問題にはなりません。

車両の種類と見分け方

インターシティダイレクトの車両

インターシティ・ダイレクトに限ったことではないですが、列車には2種類の車両があります。

  • 2等車:普通車 (青色の座席)
  • 1等車:ファーストクラス、座席・席間が広い (赤色の座席)

1等車とは日本のグリーン車のようなもので、運賃は2等車より割高になります。

車両の外側のドア付近に、大きな数字で「1」、または「2」と表示してあります。

数字の「1」が1等車で、「2」が2等車という意味です。

2等車の乗車券を持ち、車内で1等車に変えることはできないので、あらかじめ駅で購入しておかなければなりません。

また、2等車の乗車券で1等車に座っていると、罰金€50ユーロが科せられるので注意を!

スポンサーリンク

追加料金について

スキポール空港とロッテルダム間を、インターシティ・ダイレクトの列車を利用するには、乗車券の他に追加料金 (Toeslag) が必要になります。

とは言っても料金はたったの €2.6ユーロで、駅の自動券売機で購入することができます。

車内でも買うこともできますが、€10ユーロと割高になってしまいます。できることなら事前にチケットを用意しておいた方が良いですね!

この特別チケットが必要な区間は、スキポール空港〜ロッテルダム間だけなので、仮にアムステルダムから乗った場合、スキポール空港までは通常の運賃だけで乗車できます。

しかし、通して乗る場合には、アムステルダムで事前に追加料金のチケットを購入しておく必要があります。

インターシティ・ダイレクトには、ベルギーへ乗り入れてる国際列車もありますが、アムステルダムやスキポール空港から、ベルギーへ行く国際列車の乗車券を持っている場合には、インターシティ・ダイレクトの追加料金は必要いりません。

自動券売機で購入

ここでは例として、スキポール空港からロッテルダムまで、インターシティ・ダイレクトを利用する片道券を、自動券売機で購入する方法について解説します。

スキポール空港の自動券売機

まずは空港の中央ホール (スキポールプラザ) にある、青と黄色の自動券売機を見つけましょう。

空港は駅にもなっていて、直接地下のプラットホームへつながっています。

① 画面で片道 [One-way] を選択

自動券売機の初期画面

空港は海外の人も多く利用するので、画面はすでに英語表示になっていますが、もし、オランダ語表示でしたらスクリーンの左下で言語が切り替えられます。

※画面はタッチスクリーンです!

この画面では [One-way] (片道) を選びます。

② 目的地の選択

券売機でロッテルダムを選択

この画面で、目的地のロッテルダムを選びますので、[Rotterdam Centraal] をタッチ。

③ 経由路線を選択

券売機でインターシティダイレクトを選択

こちらの画面では一般路線の経由か、インターシティダイレクトを利用するのかを選びます。

この例では、[IC direct] をタッチ。

④ 詳細の確認

券売機で確認と決済

こちらの画面で乗車チケットの詳細を確認・変更ができます。内容は、Travelers (1人)、One way (片道)、2nd class (2等車)、料金が €16.40 16.80ユーロ。

変更する場合は;

  • チケットをまとめて買う場合は、[Travelers] の項目にある「プラス、マイナス」の記号で変更。
  • 往復に変更したい場合は、[Day return] をタッチ。
  • 車両のカテゴリーを1等車にしたい場合は、[1st class] をタッチ。

16.40 16.80ユーロの料金には、乗車チケットとインターシティ・ダイレクトの追加料金が含まれています

※オランダの切符には、ICチップのようなものが埋め込まれているので、乗車券の紙代として €1ユーロが加算されます。

変更がなければ、画面右側の項目で決済方法を選びます。

  • Debit/Creditcard:ヨーロッパでも使えるデビットカード、もしくはクレジットカード (Visa、Mastercard) での決済が可能
  • Coins:現金での支払いは、コインだけしか使えません (10ユーロセント以上の硬貨) 

⑤ 支払い

券売機での支払い

🔘現金 (硬貨) で決済

タッチスクリーン右上のコイン投入口へ硬貨を入れます。

ピッタリの金額でなくても、お釣りは乗車券と一緒に取り出し口に出てきます。

🔘カード決済の方法

  1. カードを手動で挿入(キーボードの上側)
  2. キーボードの小さな画面に従い、4桁の暗証番号を入力
  3. キーボード右下の緑色のキーを押す
  4. 画面のメッセージに従い、カードを取り出す。

これで、決済が完了して 乗車券が発行されます。

⑥ 乗車する前に必ず行うこと!

乗車チケットのスキャン

乗車チケットを買って列車に乗る前に、必ず行うことがあります!

それは、チケットをスキャン (チェックイン) しなければなりません。

※打刻機などはなくチケットをスキャンすることによって、乗車記録が記憶されるのです。

プラットホームへ降りるエスカレーターの近くには、乗車チケットをスキャンする専用のポールが設置してあるので、そのパネルの部分にチケットを当てます。

このチェックインを忘れてしまうと、罰金の対象になってしまいます!

アムステルダムからチケットを購入する場合

アムステルダム中央駅からインターシティ・ダイレクトで、ロッテルダム中央駅へ行く場合も、追加料金 (Toeslag) 込みの乗車券を買うことができます。

アムステルダムからロッテルダムへのチケット

先に説明した自動券売機でのチケットの購入方法で、[Rotterdam Centraal] と行き先を選ぶと、[NS only] (通常路線経由) か、[IC direct] のどちらかの路線を選択することができます。

他の駅で追加料金のチケットだけを事前に購入する場合

スキポール空港とロッテルダム以外の駅でも、事前にインターシティ・ダイレクトの追加料金チケットだけを購入することもできるので、その方法を解説します。

① 初期画面にて [Other products] を選択

自動券売機で他のチケットを選択

追加料金のチケットは画面右側の [Other products] の項目にあります。

② 利用するチケットの種類を選択

インターシティダイレクトを選択

ここでは、追加料金の Supplements にある [IC direct - ICE] を選びます。

③ 片道・往復の選択

インターシティの片道を選択

こちらでインターシティ・ダイレクトの片道券、または往復券も選べます。

片道券の場合は、上の [IC direct One-Way Supplement] をタッチ。その下の項目は往復券です。

④ 目的地の選択

出発駅を選択

はじめに目的地から選びます。ここでは例として、スキポール空港からロッテルダムへ行く追加料金のチケットを買うことにしますので、[Rotterdam Centraal] をタッチ。

⑤ 出発地を選択

出発駅の選択

次に、インターシティ・ダイレクトの乗り始める駅を選びますが、最初に青い枠 [From] をタッチします。

出発駅を選択

そうすると駅名が出てくるので、インターシティ・ダイレクトを乗り始める駅を選びます。

ここでは [Schiphol Airport] をタッチします。

※アムステルダムから乗る場合は、[Amsterdam Centraal] を選びますが、追加料金は同じです。

⑥ 各項目を確認

各カテゴリーを選択

次に車両のカテゴリー (1等車、2等車)、利用する日付け、チケットの枚数を選びます。

別の日のチケットを事前に買うこともできるので、その場合は左から4列目の [Other travel date] をタッチして、日付けを選択してください。

チケットはまとめて4枚まで買うことができます。

⑦ 支払い

支払い方法の選択

チケットの詳細の確認ができたら、画面右側の項目で決済方法を選びます。

支払い方は、前の項目と同じ方法です。

※スキポール空港やロッテルダム駅で乗車券だけを買った後から、インターシティ・ダイレクトを利用したくなった場合でも、別途でチケットが購入できます。

OV チップカードで購入

 OV-chipkaart (チップカード) を持っていれば、通常の追加料金は €2.4 2.6ユーロですが、通勤時間帯以外と週末・祭日なら €1.4 1.56ユーロと、割安で利用することができるのです!

インターシティダイレクトのチェックイン

その方法はとても簡単で、インターシティ・ダイレクトが発着するプラットフォームに Toeslag と表示した赤と灰色の専用タッチパネルが設置してあります。

そこへ乗車する前に OV-chipkaart を、一度当ててスキャンするだけ!

細かい料金設定は、次のようになっています。

  • Spits:2.4 2.6ユーロ:6:30~9:00、16:00~18:30 の通勤時間帯
  • Dal:1.4 1.56ユーロ:平日の通勤時間帯以外と、週末・祭日は終日

OV-chipkaart については、こちらの記事で詳しくお伝えしています。

✅ 使い方簡単!切符の代わりになるオランダの【OV-chipkaart】を徹底解説

ICEの追加料金についても解説

アイシーイーの追加料金

これまでお伝えしてきたインターシティ・ダイレクトの他に、アムステルダムからドイツへアクセスしている ICE (アイ・シー・イー) という列車があります。

この列車はオランダとドイツを結んでいる国際列車ですが、オランダ国内であれば普通乗車券に加えて追加料金 (Toeslag) €2.6ユーロのチケットを持っていれば、乗車することができます

ICE がオランダ国内に停車する駅は、アムステルダム - ユトレヒト (Utrecht) - アーネム (Arnhem)

券売機での追加料金チケットの購入は、インターシティ・ダイレクトと同じような方法です。

  1. [Other Products] を選択
  2. Supplements の [IC direct - ICE] を選択
  3. [ICE One-Way Supplement] を選択
  4. 利用したい日付けと枚数を選びます。
  5. 決済

オランダに乗り入れてる、国際列車についてはこちらから!

関連記事国際鉄道でオランダと周辺国を安いチケットで移動する方法

最後に

これでインターシティ・ダイレクトの列車とは何か、そして追加料金についてもお分かりできたことでしょう。

事前にチケットを購入しておけば、車内で €10ユーロ払う事はありません。どうぞ参考にして下さい!

ロッテルダム観光については、こちらの記事も参考にどうぞ!

✅ 必見!オランダの近代都市ロッテルダムの観光スポットを紹介
スポンサーリンク

-オランダの鉄道

error: Content is protected !!

Copyright© Arto Explore , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.