オランダ観光/見所

魔女の計量所!オランダの知られざる超穴場

更新日:

魔女の計量博物館

中世のヨーロッパでは「魔女裁判」というのが行われていました。

当時、疑わしい女性は秤 (はかり) にかけられ、身長と体重の割合が一致せず軽いと判断されると、魔女として処刑されていたのです!

その魔女裁判で使われていた計量所が、オランダのアウデワーターという小さな街にあります。

🔵この記事で紹介する主な内容とは、

  • 魔女の計量所・博物館について
  • 魔女裁判とは
  • 博物館への行き方

それでは、知られざるオランダの超穴場的な場所について、お伝えしていきます。

スポンサーリンク

魔女の計量所・博物館

博物館の建物

Museum de Heksenwaag

魔女の計量所があるのは、ユトレヒトとゴーダの中間に位置している、アウデワーター(Oudewater) という小さな田舎街。

博物館として公開しているこの建物は、1482年に建てられチーズや穀物などの農産物を計量する場所でした。

しかし、中世後期になると魔女を判断する手段として、人の体重を計量することに使われました。

博物館の魔女

まず博物館に入ると、魔女の人形がお出迎え!

一瞬「ギョッ」と驚くかもしれませんが、お化け屋敷ではないので...

魔女計量の天秤

これが魔女を測る秤で、1482年から使われていたオリジナルなもの!

片方に人が乗り、反対側に重りを載せて計量します。

オリジナルの天秤台

かなり年期のある秤です!

中央部分のへこみを見ると、ここに数多くの女性が乗っていた事が伝わってきますね。

博物館に訪れた人は誰でも測ってもらえるので、ぜひ体験してみませんか!

秤用の重り

こちらは計量で使われる重り。

秤に重りを載せる

博物館のスタッフは徐々に重りを載せていき、バランスの取れたところで重さを告げます。

驚くことに、体重はほぼ一致していました!

しかし、体重を気にする女性にはチョット...(赤面も覚悟で!)

証明書の発行

計量が終わると、当時のように証明書を発行してもらえます。

当時の重さの単位は「キログラム」でなく「ポンド」で表していたので、証明書にもポンドで書かれます。

観光用ですが、立派な紙を使っているので、お土産にはいいですね!

証明書の大きさはA4サイズなので、シワにならないように持ち帰るのでしたら、ファイル入れなどを用意しておくといいでしょう!

身長の測定器

当時の身長を測る道具も置かれてあります。

2階は展示室となっており、当時の資料や魔女裁判の歴史を短い動画で紹介しています。

動画はオランダ語と英語での解説のみです。

【写真撮影の注意】1階では写真を撮ってもいいのですが、2階は禁止されています。
博物館のガイドブック

受付では €1ユーロで小さなガイドブックも販売しています。

オランダ語だけの説明ですが、写真もたくさん掲載されているので、記念に持ち帰るのもいいかと思いますよ!

魔女の人形

お土産には、魔女の人形やアクセサリーなどがたくさんあります。

博物館の入り口

こちらは博物館の入り口ですが「魔女」ということで、竹のホウキが置かれてありました!

それでは次に「魔女裁判」とは一体何なのか、簡単にお伝えします。

スポンサーリンク

【魔女裁判】なぜ体重の計量が行われていたのか?

魔女

中世の人々は宗教的で悪魔を恐れ、魔女は悪さをして病気を広めたり、悪天候を引き起こすなどと信じられていました。

魔女はホウキに乗って空を飛べることから、体重は軽いと思われていたのです。

そして、魔女を判断する方法として、体重の計量が行われました。

ヨーロッパの各地には計量所があり、疑わしい女性は体重を測ることになりました。

魔女の計量

そして、身長との割合に対して軽いとみなされると、魔女として処刑されてしまったのです。

実際には多くの計量所で仕掛けが施されるなど、罪のない数多くの人が犠牲になっていました。

皇帝カレル5世

Keizer Karel V

そのことを目撃した皇帝のカレル5世 (Karel V) は不信に思い、このアウデワーターで再度計量し、正常であることが分かり無罪が証明されてきました。

皇帝はこの場所に体重を測る権限を与え、計量した人に公式の証明書を発行しました。

それからは、ヨーロッパの各地で魔女と告発された人たちは、アウデワーターに出向き魔女でない証明書を手にして、疑惑を晴らしたのです。

アウデワーターでの魔女裁判は、18世紀初頭まで行われていましたが、ここで計量した女性は、だれ一人とも有罪にはなっていません。

...という歴史が、ここにはありました。

言い換えれば、正義の計量所でもありますね!

ちなみに、オランダの国王であったユリアナ女王は1952年に、ベアトリクス女王も1972年にアウデワーターに訪れ、体重を測り魔女でない事を証明していました。

博物館への行き方

博物館へ行く方法はあまり便利ではないので、順を追って説明していきます。

① 鉄道でウールデン駅 【Woerden】 へ

ウールデン駅
  • アムステルダムから:直通の各駅停車「Sprinter」で約40分
  • ユトレヒト経由:乗り換えも含めて約50分
ウールデン駅の南側出口

駅の改札は、5〜6番線側の「Zuidzijde」へと向かいます。

② ウールデン駅からバス505号線を利用

ミニバス505号線

改札を出たらすぐ右側にバス停があります。利用するのは小さなミニバスで、行先は「Ijsselstein

帰路は「Woerden」行きに乗ります。

バス券は運転手から購入できますが、現金でなくカード決済のみ。

詳しくは、英語ですがこちらのホームページから参照できます。

交通機関専用のカード・OV-chipkaart については、こちらで解説しています。

③ バス停:セントラム・ノールド (Centrum Noord) で下車

バス停セントラムノールド

バスの所要時間は約15分。

停留所から魔女の計量所 (博物館) まで、徒歩で約5分です。

アウデワーターの博物館

博物館は、運河沿いの小さな広場に面しています。

バスを利用する際の注意点!

バス車内では、アナウンスや案内板もありません。

降りる場所の検討がつきませんので、バスの運転手に降りる場所を告げておくといいでしょう。

もしくは、Google map のアプリを見て、位置を確認する方法もあります。

行きも帰りもバスは1時間に1本なので、あらかじめ発車時間を調べておく事をオススメします。

こちらのアプリを使えば、運行時間が検索できます。

オランダ公共交通機関の検索アプリ【9292】の使い方!

博物館の詳細

◾️開館時間

  • 4月2日~10月31日:火~日曜日、11:00 ~ 17:00 
  • 11月1日~4月1日:金〜日曜日、11:00 ~ 17:00

◾️入場料

  • 大人:€6.5
  • 4~11歳: €3
  • 3歳以下:無料

✅ この博物館はミュージアムカードにも対応しています。カードを所有していれば、入場料は必要入りません。

《地図はバス停から博物館までの道のりです。》

◾️住所
Leeuweringerstraat 2, 3421 AC Oudewater

🌐 www.heksenwaag.nl

おわりに

いかがでしたか、オランダにある「魔女の計量所」

このような出来事が過去にあったとは、想像もつかないことでしょう!

アウデワーターの博物館に来れば、ヨーロッパでの魔女裁判についての歴史を知ることができ、当時と同じ方法で体重を測る体験もできます。

オランダの知られざる穴場を探しているのでしたら、オススメの場所です!

スポンサーリンク

-オランダ観光/見所

error: Content is protected !!

Copyright© Arto Explore , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.